ユーリ・アファナーシェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1991年

ユーリー・ニコラエヴィチ・アファナーシェフロシア語: Юрий Николаевич Афанасьев、ラテン文字表記の例:Yurii Nikolaevich Afanásyev1934年9月5日 - 2015年9月14日)は、ソビエト連邦およびロシア政治家歴史学者

経歴・概要[編集]

1934年9月5日ウリヤノフスク州に生まれる。1957年モスクワ大学歴史学部を卒業する。また、1971年1976年の二度に渡りパリ大学ソルボンヌ大学)に学ぶ。史学博士教授ロシア科学アカデミー会員。コムソモールピオネールでの活動を経て、1954年ソ連共産党に入党した。

上級研究員、ソ連科学アカデミー世界史研究所諸外国史文化史部門長、ソ連共産党理論誌『コムニスト』編集会議メンバー・歴史部門主筆などを歴任する。1986年モスクワ歴史古文書大学学長。その後、モスクワ人文大学 Российский государственный гуманитарный университет学長。

1989年ソ連人民代議員モスクワ州から選出される。アファナーシェフはボリス・エリツィンアンドレイ・サハロフ博士、ガブリール・ポポフアナトリー・サプチャークらとともに急進改革派として「地域間代議員グループ」を結成し、共同議長に就任した。1990年市民行動運動、ロシア民主党共同議長、民主会議「関係者」などに関係する。1991年共産党を離党した。

ゴルバチョフ期のソ連にあってペレストロイカの潮流の下、歴史の見直しなどで大胆かつ真摯な発言をし、急進改革派として行動した。

歴史研究対象としては、歴史概論、フランス史ロシア史政治学、教育原理および教育史(新教育制度と教育術)である。

受賞歴[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]