ユーティリティフォグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユーティリティフォグは、フォグレットと呼ばれる分子マシンによって構成されている

ユーティリティフォグ英語: Utility fog)は、多数の分子マシンが連携して機能的な構成要素を形成する架空の機械。

概要[編集]

腕を伸ばすフォグレット

『フォグレット』と呼ばれる複数の結合器を備える自己組織化ロボットである多数の分子マシンが連携して用途に応じて離合集散する[1]。1993年にJ. Storrs Hallによって発表された[2]。前年の1992年にはランド研究所スマートダストが考案されていた。

課題[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

文献[編集]

  • Hall, J. Storrs. "Utility fog." Extropy, 3rd (Part 1) and 4th Quarter (Part 2) (1994).
  • Storrs Hall, J. "Utility fog: The stuff that dreams are made of Nanotechnology ed BC Crandall." (1996): 161-84.
  • Globus, Al, et al. "Nasa applications of molecular nanotechnology." (1998).

外部リンク[編集]