スマートダスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スマートダスト(賢い塵 英語: Smartdust)は、多数のマイクロマシン(MEMS)が連携して機能的なネットワークを構成する概念。

概要[編集]

現在のモノのインターネットユビキタスコンピューティングの先駆けに相当する概念で、センサネットワークを形成するためにセンサー発電素子を備えた微細な大量のマイクロマシンを使用する概念は1992年にランド研究所で考案され、1990年代半ばに国防高等研究計画局のISAT計画の一環として研究が進められ、1996年にアメリカ真空学会と1999年にMobiComで発表された[1][2]

『モート』(粒)と呼ばれる個々のマイクロスケールのセンサーには無線通信機と複数のセンサーが備えられていて、多数のモートが互いに接近すると自動的に連携して機能的なネットワークを構成する[1]

発表当初はセンサネットワークの究極の姿であると考えられていたが、考案から既に20年以上たった現在もまだ実現していない[3][2]

課題[編集]

  • センサーを小型化すれば感度が下がるので感度を上げようとすれば増幅率を上げる必要があり、消費電力が増える。
  • 二乗三乗の法則により、小型化すれば充電池に蓄積できるエネルギー量はサイズの3乗に比例して減少する。
  • 太陽電池のような発電素子は発電量が面積比例するので小型化すれば発電量はサイズの2乗に比例して減少する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 光と温度を感知する超小型センサー『スマートダスト』, http://wired.jp/2001/05/30/光と温度を感知する超小型センサー『スマートダ/ 
  2. ^ a b 猿渡俊介. "スマートダストから 10 年: 無線センサネットワーク技術の現状と課題 (RFID とセンサネット, システムオンシリコン, RFID 技術及び一般)." 電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム 108.334 (2008): 57-62.
  3. ^ 戸辺義人. "センサネットワークの嘘, 本当, これから." 情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理 (DPS) 2008.117 (2008): 41.

文献[編集]

  • 戸辺義人, 蔵田英之. "細粒度気象センサネットワーク構築の実際-群馬県館林市の例." 情報処理 51.6 (2010): 692-699.
  • Brewer, Eric A. "When everything is searchable." Communications of the ACM 44.3 (2001): 53-54.
  • 長健太, 大須賀昭彦, 本位田真一. "知的移動エージェントによるマルチパーパスワイヤレスセンサネットワークアプリケーション." 情報処理学会論文誌 47.12 (2006): 3165-3178.

外部リンク[編集]