ユウタービスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユウタービスケット
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2004年4月30日
死没 2008年12月27日(4歳没・旧5歳)
エイシンサンディ
ダイヤターン
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 中本牧場
馬主 上山利広
調教師 南田美知雄美浦
競走成績
生涯成績
獲得賞金 4404万円
テンプレートを表示

ユウタービスケット日本競走馬2008年の第10回新潟ジャンプステークス (JGIII) の優勝馬。

2006年7月2日に福島競馬場でデビュー(14頭中13着)。以後、10戦するも未勝利を勝ち上がれず2007年の秋に障害競走へと転向する。 年が明けた2008年も苦戦が続くが、障害9戦目にして新潟競馬場にて初勝利を挙げる。その勢いを保ったまま新潟ジャンプステークスに出走し、騎乗した蓑島靖典ともども重賞に初めて勝利した。 しかし以降は得意の新潟競馬場以外でのレースが続き再び低迷してしまう。 そして同年12月27日中山大障害に出走した際、2周目5号障害飛越着地でつまずき競走中止。その際に左前腕骨開放骨折を発症し予後不良と診断された[1]

脚注[編集]

  1. ^ ユウタービスケットが予後不良、蓑島騎手も骨折 競馬ニュース(2008年12月27日)

外部リンク[編集]