ユインタジリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユインタジリス
Spermophilus armatus.jpg
ユインタジリス
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : リス亜目 Sciuromorpha
: リス科 Sciuridae
亜科 : Xerinae
: Marmotini
: Urocitellus
: ユインタジリス U. armatus
学名
Urocitellus armatus
Kennicott1863
シノニム

Spermophilus armatus

和名
ユインタジリス
英名
Uinta ground squirrel

ユインタジリス (Urocitellus armatus) は、哺乳綱ネズミ目(齧歯目)リス科に分類されるジリスの1である。

アメリカ合衆国北西部に分布する。ユタ州北部では、通称 Potgut (意味は太鼓腹)と呼ばれる。

分布[編集]

草を食べるユインタジリス

アメリカアイダホ州モンタナ州、ユタ州、ワイオミング州[2][3]

形態[編集]

体長280-303ミリメートル、尾長63-81ミリメートル、体重284–425グラム[2]。他のジリスと生息域が一部重なっているが、エレガントジリス Urocitellus elegans ほど被毛は淡黄色ではなく尾の裏側が灰色をしており、Urocitellus mollis よりも体が大きく尾が長いことで見分ける[4]

生態[編集]

2頭のユインタジリス

標高の高い谷の草地、時には農地に生息する[4]昼行性で、しばしば大きなコロニーで生活する[1]。草食性で、主にイネ科の草を食べるが、種子、根、ヤマヨモギの葉、昆虫も食べる[5]

地下の巣穴で7月から夏眠を始め、その後3-4月まで冬眠をするため、活動的なのは1年のうち春から夏にかけての約3.5か月しかない[2]。体が大きいほど冬眠中の生存率が高くなり、冬眠後に生き残れるのは子どもで30パーセント、大人で60パーセントと差がある[5]

繁殖期は3-4月、メスが発情するのは冬眠から目覚めた2-3日後の1日のみで、交尾は巣穴の中で行われる[5]。妊娠期間は28日、初産では1度の出産で4-5頭を産むが、年配のメスは平均7-8頭を産む[2]。生後24日で巣穴から地上に現れるようになる[2]

捕食者には猛禽類イタチアメリカアナグマコヨーテがおり、トリコモナスコクシジウムノミ5種、線虫宿主である[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Linzey, A.V. & Hammerson, G. (2008年). "Spermophilus armatus". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2009.2. International Union for Conservation of Nature. 2 February 2010閲覧
  2. ^ a b c d e LaValle, A. (2000年). “"Spermophilus armatus" (On-line), Animal Diversity Web.”. 2014年6月28日閲覧。
  3. ^ The IUCN RED LIST Range Map
  4. ^ a b Roland W. Kays and Don E. Wilson (2002). Mammals of North America. Princeton field guides. Princeton University Press. 
  5. ^ a b c d Richard W. Thorington, Jr. (2012). Squirrels of the World. Johns Hopkins University Press. 

外部リンク[編集]

関連項目[編集]