ヤン・ウカシェヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jan Łukasiewicz 1935

ヤン・ウカシェヴィチJan Łukasiewicz, 1878年12月21日 - 1956年2月13日)はポーランド論理学者哲学者ルヴフ(現ウクライナのリヴィウ)に生まれ、ルヴフ大学にてカジミェシュ・トヴァルドフスキの薫陶を受ける。

1911年にルヴフ大学員外教授に就任。1915年にはワルシャワ大学に移り、1920年から1939年にかけて教授職を務めた。また、1919年には文部大臣に就任している。ワルシャワではスタニスワフ・レシニェフスキらとともに、いわゆる「ルヴフ=ワルシャワ学派ポーランド語版」の中心的存在として活躍した。

第二次世界大戦の勃発によりベルギーへの亡命を余儀なくされ、戦後はアイルランドに渡り、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで教えた。

アリストテレス論理学に関する研究、多値論理に関する研究等が有名。また、式の記法であるいわゆる「ポーランド記法」は、彼の発案によるものである。

1998年に発見された小惑星ウカシェヴィチは、彼の名前に由来する。

著書[編集]

  • ヤン・ウカシェーヴィチ 『数理論理学原論 近代ポーランド論理学の原典』 高松鶴吉訳、文化書房博文社、1992年4月。ISBN 4-8301-0626-3
  • Łukasiewicz, Jan (1970). Ludwik Borkowski. ed. Selected Works. North-Holland Pub. Co.. ISBN 0720422523. OCLC 115237. 

外部リンク[編集]