ヤロヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤロヴァ
ヤロヴァのテルマール近くにあるスデュシェンの滝
ヤロヴァのテルマール近くにあるスデュシェンの滝
位置
ヤロヴァの位置(トルコ内)
ヤロヴァ
ヤロヴァ
ヤロヴァ (トルコ)
ヤロヴァの位置(マルマラ地方内)
ヤロヴァ
ヤロヴァ
ヤロヴァ (マルマラ地方)
ヤロヴァの位置(中東内)
ヤロヴァ
ヤロヴァ
ヤロヴァ (中東)
ヤロヴァの位置(ヨーロッパ内)
ヤロヴァ
ヤロヴァ
ヤロヴァ (ヨーロッパ)
座標 : 北緯40度39分20秒 東経29度16分30秒 / 北緯40.65556度 東経29.27500度 / 40.65556; 29.27500
行政
トルコの旗 トルコ
  ヤロヴァ県
 市 ヤロヴァ
地理
面積  
  市域 166.85 km2
標高 30 m
その他
等時帯 極東ヨーロッパ時間 (UTC+3)

ヤロヴァトルコ語: Yalova)は、トルコ北東部、マルマラ海の東海岸に位置する都市。ヤロヴァ県の県都でもある。2009年時点の人口は9万2166人(県全体では20万2531人[1])。

地名[編集]

一般に、ヤロヴァという地名は「海沿いの平原」という意味のヤルオヴァ(Yalıova)が語源とされる。「ヤル」はギリシャ語で海岸(γιαλή)という意味で[2]、「オヴァ」はトルコ語で平原の意である。

歴史[編集]

ヤロヴァでフェトヒ・オクヤルとその娘と並ぶアタテュルク。1930年8月13日撮影

先史時代の紀元前3000年ごろに初の村落が形成された。前21世紀にはヒッタイト、前13世紀にはフリギアの支配下に入り、前74年にローマに征服された。395年のローマ帝国分裂後は引き続きビザンティン帝国に支配された。1302年にオスマン帝国領になった。

ケマル・アタテュルクは晩年、ときどきヤロヴァで過ごした。彼の有名な演説の一つに「ヤロヴァは私の街だ」というものがある[要出典]

観光スポット[編集]

ヤロヴァにはアタテュルクが過ごしたケシュク(オスマン・トルコ様式の大邸宅)、ラテン語のthermaeが語源とされるテルマール(Termal)の有名な温泉など、多くの観光スポットがある。また、テルマールへの道中にはカラジャ森林公園がある。

姉妹都市[編集]

出身有名人[編集]

  • イブラヒム・カトルアイ - 元NBA選手
  • イゼル(イゼル・チェリケズ) - 歌手
  • メメット・オカー - NBA選手
  • シェブネム・フェラー - 歌手

脚注[編集]

外部リンク[編集]