ヤブラン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤブラン属
Liriope muscari 4.JPG
分類APGIII
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
亜科 : スズラン亜科 Nolinoideae
: ヤブラン属 Liriope
学名
Liriope Lour.
和名
ヤブラン属
  • 本文参照

ヤブラン属(ヤブランぞく、学名:Liriope 、漢字表記:薮蘭属)はキジカクシ科APG植物分類体系[1]の1つ[2]。旧分類ではユリ科に含められた。

特徴[編集]

根茎は短い。は線形。花茎に穂状花序につき、花被片は6個で離生する。雄蕊は6個あり、花糸は太く糸状で、葯の先は円い。子房は上位で、3室あり、それぞれに2個の胚珠がある。種子は露出し、成熟すると球状で紫黒色になる[2]

東アジアに数種、日本には3種ある[2]

[編集]

日本に分布する種[編集]

  • ヒメヤブラン Liriope minor (Maxim.) Makino -日本の北海道西南部・本州・四国・九州・琉球、朝鮮、中国、フィリピンに分布する。
  • ヤブラン Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey -日本の本州・四国・九州・琉球、朝鮮南部、中国(本土・台湾)に分布する。
  • コヤブラン Liriope spicata Lour. -日本の本州(中部地方以西)・四国・九州・琉球、朝鮮、中国(本土・台湾)、インドシナに分布する。

その他の種[編集]

  • ホソバヤブラン Liriope graminifolia (L.) Baker -中国からフィリピン北部に分布する。
  • Liriope kansuensis (Batalin) C.H.Wright -中国に分布する。
  • Liriope longipedicellata F.T.Wang & Tang -中国に分布する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大場『植物分類表』pp.54-57
  2. ^ a b c 『日本の野生植物 草本I単子葉類』pp.22-23

参考文献[編集]