モーリス・ジョベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モーリス・ジョベールMaurice Jaubert1900年1月3日 - 1940年6月19日)は、フランス作曲家ニース出身。

経歴[編集]

もともとクラシック音楽の作曲家であったが、多数の映画音楽によって名を残す。とりわけ、ジャン・ヴィゴ監督の「新学期・操行ゼロ」および「アタラント号」、ルネ・クレール監督の「巴里祭」、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の「舞踏会の手帖」および「旅路の果て」、マルセル・カルネ監督の「おかしなドラマ」「北ホテル」「霧の波止場」「陽は昇る」に提供した楽曲が代表作である。

第二次世界大戦に従軍し、ムルト=エ=モゼル県バカラ近郊のアズレイユAzerailles)にて戦死した。

フランソワ・トリュフォー監督は、ジョベールの器楽曲を「アデルの恋の物語」「トリュフォーの思春期」「恋愛日記」「緑色の部屋」に転用した。このほかのクラシック分野の作品としては、室内楽伴奏による声楽曲《テッサの歌》が知られている。これは、マーガレット・ケネディの小説『永遠の処女』を原作とするジャン・ジロドゥー戯曲『テッサ』に曲付けされたものである。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 新学期・操行ゼロ(1933年)
  • 巴里祭(1933年)
  • アタラント号(1934年)
  • 舞踏会の手帖(1937年)
  • 北ホテル(1938年)
  • 霧の波止場(1938年)
  • 旅路の果て(1939年)
  • 陽は昇る(1939年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]