巴里祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
巴里祭
Quatorze Juillet
監督 ルネ・クレール
脚本 ルネ・クレール
製作 ロジェ・ル・ボン
出演者 アナベラ
ジョルジュ・リゴー
音楽 モーリス・ジョベール
撮影 ジョルジュ・ペリナール
編集 ルネ・ル・エナフ
配給 フランスの旗 トビス
日本の旗 東和商事
公開 フランスの旗 1933年1月13日
日本の旗 1933年4月
上映時間 86分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

巴里祭』(ぱりさい、原題・フランス語: Quatorze Juillet)は、1933年に製作・公開されたフランス映画。(撮影は1932年

概要[編集]

ルネ・クレールが自らの脚本によって監督、アナベラとジョルジュ・リゴーが主演した。クレール監督とアナベラは『ル・ミリオン』(1931年)に次ぐ顔合わせとなった。

映画の原題は、端的に「7月14日」(Quatorze Juillet)というものである。しかしそれだけでは日本人には馴染みがないため、『巴里祭』という邦題となった。『巴里祭』という邦題を考案したのは、本作を輸入し配給した東和商事社長川喜多長政たちである。川喜多長政・川喜多かしこ夫妻や、宣伝担当の筈見恒夫たちが試写を観て茶を飲みながら感激を噛みしめあううち、自然に浮かんで決定した題名だった[1]。読み方について、今日では「ぱりさい」が一般的だが、川喜多かしこは「名付けた者の気持ちとしてはパリまつりでした」[1]と語っている。当時の観客の大半も「パリまつり」と呼んでいたという[1]荻昌弘もまた「私の感覚では、これはどうあってもパリまつり、だ」と述べている[1]

日本では、本作の影響で7月14日のフランスの国民の休日(バスティーユの日)を「パリ祭」とも呼ぶようになっている。7月14日を「パリ祭」とはフランスでも呼ばない。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

  • アンナ:アナベラ
  • ジャン:ジョルジュ・リゴー
  • ポーラ:ポーラ・イレリ

スタッフ[編集]

  • 監督/脚本:ルネ・クレール
  • 製作:ロジェ・ル・ボン
  • 音楽:モーリス・ジョベール
  • 撮影:ジョルジュ・ペリナール
  • 編集:ルネ・ル・エナフ
  • 美術:ラザール・メールソン
  • 衣装:ルネ・ユベール

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 荻昌弘『男の縁日』p.61(大和出版、1979年)

外部リンク[編集]