モンドラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モンドラン
Mont Dolent
MontDolent.jpg
モンドラン
最高地点
標高 3,823 m (12,543 ft)
プロミネンス 330 m (1,080 ft) [1]
アイソレーション 1.77 キロメートル (1.10 mi)
親山頂 エギーユ・ヴェルト
座標 45°55′21″N 7°2′46″E / 45.92250°N 7.04611°E / 45.92250; 7.04611座標: 45°55′21″N 7°2′46″E / 45.92250°N 7.04611°E / 45.92250; 7.04611
地形
モンドランの位置(アルプス山脈内)
モンドラン
モンドラン
アルプス山脈の中の位置
所在地 イタリアの旗 イタリア ヴァッレ・ダオスタ州
スイスの旗 スイス ヴァレー州
フランスの旗 フランス オート=サヴォワ県
所属山脈 グライエアルプス山脈
登山
初登頂 A. Reilly, エドワード・ウィンパー, ミッシェル・クロ英語版, H. Charlet, M. Payot(1864年7月9日)
最容易
登山道
南面および南東稜 (PD)
Project.svg プロジェクト 山

モンドランフランス語: Mont Dolent)は、アルプス山脈モンブラン山塊英語版にある標高3,823メートルである。イタリアスイスフランス三国国境に位置する。

正確な三国国境の位置は、山頂から北西に約100メートルの標高3,749メートル地点にある[2][3][4]

初登頂は、1864年7月9日、A. Reillyとエドワード・ウィンパーおよびガイドのミッシェル・クロ英語版、H. Charlet、M. Payotによる。ウィンパーは登頂時のことを、著書『アルプス登攀記』の中で次のように書いている。

We occupied the 9th with a scramble up Mont Dolent. This was a miniature ascent. It contained a little of everything. First we went up to the Petit Col Ferret, and had a little grind over shaly banks; then there was a little walk over grass; then a little tramp over a moraine (which, strange to say, gave a pleasant path); then a little zizagging over the snow-covered glacier of Mont Dolent. Then there was a little bergschrund, then a little wall of snow [. . .] The summit itself was little, very small indeed; it was the loveliest little cone of snow that was ever piled up on a mountain-top; so soft, so pure; it seemed a crime to defile it; it was a miniature Jungfrau; a toy summit, you could cover it with a hand.[5]
(日本語訳)我々は9日にモンドランに這い登り、これを制覇した。 これは小規模な登頂だった。それは全てのものを少しずつ含んでいた。最初に我々はプチコルフェレットに行き、シャリバンクを少し踏みつけ、 草の上を少し歩き、モレーンを少し踏みつけ(不思議にも,、それらは楽しい道だった)、モンドランの雪で覆われた氷河の上を少しジグザグに進んだ。 それから小さなベルクシュルントがあり、その後小さな雪の壁があった。 [. . .] 頂上は、とても柔らかく、とても純粋で、それを汚すのは罪と思われ、小さなユングフラウで、おもちゃの頂上で、片手で覆うことができた。


モンドランには4つの面があり、様々な難易度の雪や氷の登攀ルートがある。頂上への唯一の直接的なルート(難易度英語版PD)は、南面から、南東稜に短く露出して広がるプレ・ド・バール氷河フランス語版を経由するものである。イタリア側からのこのルートの登りの所要時間は約4時間であり、フィオリオ小屋(Fiorio Bivouac Hut 、ドラン小屋(Refuge Bivouac du Dolent)としても知られる)が出発点となる[6]:131。 次に難易度の低い(難易度AD)ルートは、スイス側にある同様の名前のドラン小屋(Bivouac du Dolent(la Maye))からスタートする、山の東峰を経由するルートである[6]:133

山小屋[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Swisstopo英語版IGN英語版の地形図から読み取った値。key colはCol du Dolent(3,490メートル)である。
  2. ^ Portale Cartografico Nazionale Archived 2009年9月5日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Italy – Switzerland Boundary”. Florida State University. US. Department of State (1961年10月23日). 2016年8月22日閲覧。
  4. ^ L'Institut national de l'information géographique et forestière. Cartes IGN (地図). http://geoportail.fr/url/7FmiP0 2016年8月22日閲覧。 
  5. ^ Edward Whymper, Scrambles amongst the Alps, 6th edition, London: John Murray, 1936, p. 195.
  6. ^ a b Griffin, Lindsay (1991). Mont Blanc Massif Volume 2. London: Alpine Club. ISBN 0900523581. 

外部リンク[編集]