グライエアルプス山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グライエアルプス山脈(グライエアルプスさんみゃく、英語: Graian Alps=グレイアン・アルプス、イタリア語: Alpi graie=アルピ・グライエ、英語: Alpes grées=アルプ・グレ)はヨーロッパアルプス西アルプス山脈群の西南部にある山脈で、フランススイスイタリアにまたがっている。この中のモンブラン山塊Mont Blanc Massif)にはモンブラン(ヨーロッパの最高峰)、モンブラントンネルメール・ド・グラース氷河などがある。 [1] 「グライエ」は以前このあたりに住んでいたケルト人の言葉と言われている。

[編集]

モンブラン山塊[編集]

中央グライエアルプス山脈[編集]

東グライエアルプス山脈[編集]

西グライエアルプス山脈[編集]

氷河[編集]

峠とトンネル[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Graian Alps (Encylopedia Britannica)