モンソロー城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンソロー城
現地名
フランス語: Château de Montsoreau
Château de Montsoreau, depuis la rive droite de la Loire.jpg
所在地 フランスの旗 フランス
ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏
メーヌ=エ=ロワール県
モンソロー
座標 北緯47度12分56秒 東経0度03分44秒 / 北緯47.21556度 東経0.06222度 / 47.21556; 0.06222座標: 北緯47度12分56秒 東経0度03分44秒 / 北緯47.21556度 東経0.06222度 / 47.21556; 0.06222
標高 45 m
建設 1450年
建築様式 ルネサンス建築
訪問者 50,000 (2018年)
管理者 現代美術館 (モンソロー城)
所有者 フィリップ・メアイユ
登録名: シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
区分 文化遺産
基準 i, ii, iv
登録日 2000 (第24回世界遺産委員会)
2017 ( session – Extension)
登録コード 933bis
State Party フランスの旗 フランス
Region ヨーロッパと北米
登録名: モンソロー城
区分 不動産
基準 上場フランス国立遺産 (Monument historique Classé)
登録日 1862
登録コード PA00109211[3]
IA49009670
モンソロー城の位置(ヨーロッパ内)
モンソロー城
モンソロー城

モンソロー城(モンソローじょう。フランス語、Château de Montsoreau)は、フランスロワール渓谷メーヌ=エ=ロワール県に建てられた城である。1450年から1453年にかけて建設された、ごく初期のフランス・ルネサンス様式の城の1つとされる。なお、モンソロー城はロワール川の河床に建てられた唯一の城である。

また、世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれている[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Largest Art & Language Collection Finds Home – artnet News”. artnet News. (2015年6月23日). https://news.artnet.com/market/art-language-philippe-meaille-french-chateau-310458 2019年3月1日閲覧。 
  2. ^ chateau-de-montsoreau-copie” (フランス語). 'artpress.com'. 2019年3月1日閲覧。
  3. ^ Ministry of Culture: Château
  4. ^ Val de Loire entre Sully-sur-Loire et Chalonnes” (フランス語). whc.unesco.org (2000年). 2019年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]