ソミュール城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソミュール城(Château de Saumur)
Saumur Castle.JPG
ソミュール城の位置(フランス内)
ソミュール城
座標 北緯47度15分22秒 西経0度04分21秒 / 北緯47.25611度 西経0.07250度 / 47.25611; -0.07250座標: 北緯47度15分22秒 西経0度04分21秒 / 北緯47.25611度 西経0.07250度 / 47.25611; -0.07250
種類 シャトー
施設情報
一般公開 一般公開中
現況 博物館
歴史
建設 10世紀(960年ごろ)
建設者 ブロワ伯ティボー1世

ソミュール城フランス語Château de Saumur)はフランス中西部、メーヌ=エ=ロワール県の都市ソミュールにある城である[1]。元はノルマン人の略奪に対する強固な要塞として、ブロワ伯ティボー1世によって10世紀(960年ごろ)に城として建設されたが[2]、後にシャトーとなった。

トゥエ川ロワール川の合流点を見渡せる場所に位置している。1026年 プランタジネット朝後継者のアンジュ―伯フルク3世に遺言によって引き継がれた。1067年に一度破壊された後、12世紀後半にイングランド王ヘンリー2世によって再建された。

現在[編集]

現在は、アンジュ―公の居住部分は陶磁器や考古学品などを展示する歴史博物館、大修道院付属教会部は馬術馬具などを扱う馬博物館となっている[3]

1964年11月2日、フランスの文化財保護制度「歴史的記念物」に認定された[4]。2000年に、本城を含む「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」が、UNESCO世界遺産に登録された。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソーミュール城コトバンク
  2. ^ Yves Sassier, Hugues Capet : Naissance d'une dynastie, Fayard, coll. « Biographies historiques », 14 janvier 1987, 364 p. (ISBN 9782213670027
  3. ^ ブルーガイドわがまま歩き フランス p29
  4. ^ Château de Saumur(フランス文化・通信省 Monuments historiques no PA00109307)

外部リンク[編集]