メンザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
典型的なメンザの定食メニュー、厚切りハムと目玉焼きにフライドポテト添え

メンザ(de: Mensa)は、ドイツ大学学生食堂のこと。また mensa は、ラテン語を習い始めた時に名詞の格変化で最初に教わる単語のひとつ。「長いテーブル」を意味しており、多数の人がそこに並んで食事をすることから、「学生食堂」の意味で使われる。これに対し、企業や官公庁の構内食堂はカンティーネ Kantine と称する。

ベルリンベルリン大学の中央メンザが有名である。敷地が広い大学、もしくはキャンパスが複数あるところでは、「××メンザ」という呼び方をする。夕方から夜にかけての講義が多いので、夕食が食べられる夜間メンザがどこかに1ヵ所はあるのが普通である。またメンザとは別に、軽食・喫茶が主体のカフェテリアを設ける学校もある。「金曜日イエス十字架に架けられた日なので、魚料理しか出さない」という建前だが、あまり守られていない地域もある。

ドイツでは、どこの大学のメンザが一番美味しいかというコンテストもある。

メンザは、ラテン語に由来するのでドイツ以外の国々でもその呼び名を使っている。

関連項目[編集]