レバーケーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レバーケーゼ

レバーケーゼ(独:Leberkäse、一部地域では Leberkäs または Leberkas)は、ひき肉と香味野菜およびスパイスを長方形の型に入れて蒸し焼きにした食品[1]であり、ドイツ南部、オーストリアスイスの一部でみられる。レバーケーゼはドイツ語で肝臓を意味する「レーバー (Leber) 」とチーズを意味する「ケーゼ (Käse) 」と言う単語を組み合わせたもので、元々はレバーとチーズ以外のあらゆる物を混ぜてつくったと言う意味である。

ミートローフの一種とされているが、アメリカのミートローフより緻密で、硬い仕上がりとなる。 一般的な製法では、細かく挽いた牛肉豚肉タマネギなどをみじん切りにした物、それにスパイスを加えて、パウンドケーキのような形に蒸し焼きにする。地方により全体の 4%–5% の量のレバーを混ぜる。地方や店舗によりさまざまな製法があり、肉類の配分の他、野菜やスパイスの組合せも多様である。 また、日本の新聞社・朝日新聞が2019年9月22日に報じたオクトーバーフェストの記事の中では、ひき肉の代わりに大豆由来の食材を使ったレバーケーゼについて触れられている[1]

レバーケースゼンメル

薄切りにしてロールパンの一種であるカイザーゼンメル (Kaisersemmel) に挟んだものはレバーケースゼンメル (Leberkässemmel) と呼ばれ、バイエルンやオーストリアではファストフードの定番である。パンはドイツのカイザーゼンメルが好んで用いられるが、手に入らない場合は小型のフランスパンに挟んだり、田舎風フランスパン(パン・ド・カンパーニュ)を切った物を使ってもよい。

脚注[編集]

  1. ^ a b 野島淳 (2019年9月22日). “ビール祭りもエコ 独ミュンヘンでオクトーバーフェスト”. 朝日新聞デジタル. 2020年4月29日閲覧。