メイズ・オヴ・オナー・タルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
メイズ・オヴ・オナー・タルト (Maids of Honour tart)
Maids of Honour Cakes.jpg
種類 タルト
地域 サリー州
主な材料 パイ生地、チーズカード
テンプレートを表示

メイズ・オヴ・オナー・タルト英語: Maids of Honour tart)はイングランドの伝統的な焼き菓子で、甘みをつけたチーズカードをつめたパイ生地を用いたタルトである[1][2]。別名メイズ・オヴ・オナー・ケーキまたはメイズ・オヴ・オナー

製法[編集]

薄いパイ生地にバターシロップをつけ、中にカードなどを用いたクリームを入れた菓子である[3]ジャムアーモンドナツメグを加える場合もある[4]。ベイクウェルタルトなど他のイギリスの伝統菓子に似た製法で作られ、生地やフィリングについてはいくつかバリエーションがある[5]

由来[編集]

このタルトはヘンリー8世の時代までさかのぼると言われている[6]。このタルトについて広く知られている俗説として、王妃のメイド・オヴ・オナー(女官たち)がケーキを食べているところを見て、そのケーキを食べてみたいと王が所望したという逸話がある[7]。王はこのケーキを美味しいと思い、女官たちにちなんだ名をつけたという。さらに話を大きくして、そのタルトを作った女官は監禁されて王のためだけに菓子を作らねばならなくなったという物語もある[8]。さらにまた別の話として、このタルトはその時女官であり、ヘンリー8世のために菓子を作ったアン・ブーリンにちなんで名付けられたという伝承もある[9][1]

しかしながらこうした逸話はいずれも伝承にすぎないため信憑性は薄く、正確なことはよくわかっていない[10]。最初にこのタルトが「メイズ・オヴ・オナー」という名称で印刷物に記載されたのは1769年頃のことであり、18世紀末のレシピも残っている[10]

キューの銘菓[編集]

サリー州キューキュー植物園の近くにあるニューウェンズのティールームは「元祖メイズ・オヴ・オナー」("The Original Maids of Honour")を名乗っており、18世紀から営業していて、このタルトで有名である[9][1][6]

キューにある元祖メイズ・オヴ・オナーの店

脚注[編集]

  1. ^ a b c Our History”. The Original Maids of Honour. 2014年1月29日閲覧。
  2. ^ "Jamie and Jimmy's Friday Night Feast" (English). Jamie and Jimmy's Friday Night Feast. Channel 4. 3回,シーズン1. 該当時間:21:12. 2014年1月29日閲覧。
  3. ^ 平良淳 (2005年10月31日). “美味すぎて幽閉された宮廷女官”. 2016年6月26日閲覧。
  4. ^ Hassall, Maurice. A Cook's Tour of England. Power Publishing. p. 243. ISBN 9963673414. 
  5. ^ Hannah Miles, Sweet Things from the Aga (Bloomsbury, 2015), p. 15.
  6. ^ a b Darra Goldstein, ed (2015). The Oxford Companion to Sugar and Sweets. Oxford University Press. p. 809. ISBN 978-0199313396. 
  7. ^ Borich, Kathy (2003). Appetite for Murder: A Mystery Lover's Cookbook. Virtualbookworm Publishing. p. 55. ISBN 1589394992. 
  8. ^ Richardson, Bruce (1997). The Great Tea Rooms of Britain. BENJAMIN PRESS. p. 61. ISBN 1889937096. 
  9. ^ a b Carrier, Rhonda (2009). Frommer's London with Kids. John Wiley & Sons. p. 122. ISBN 0470593091. 
  10. ^ a b Janet Clarkson, Food History Almanac: Over 1,300 Years of World Culinary History, Culture, and Social Influence (Rowman & Littlefield, 2013), p. 237.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]