ムラト・ジャジコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムラト・ジャジコフ
Мурат Магометович Зязиков
Zyazikov Murat Magometovitch ex-president of Ingushetia republic of Russia.jpg
ムラト・ジャジコフ
生年月日 (1957-09-10) 1957年9月10日(62歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 キルギス・ソビエト社会主義共和国オシ
出身校 チェチェン・イングーシ大学歴史学部
前職 ソ連国家保安委員会(KGB)、ロシア連邦保安庁(FSB)将官、イングーシ共和国二代大統領
称号 哲学博士

在任期間 2002年5月23日 - 2008年10月30日
テンプレートを表示

ムラト・マゴメトヴィチ・ジャジコフロシア語: Мурат Магометович Зязиков 、ラテン文字転写の例:Murat Magometovich Zyazikov1957年9月10日 - )は、イングーシ人の政治家。旧キルギス・ソビエト社会主義共和国オシ出身。

ソ連国家保安委員会(KGB)、ロシア連邦保安庁(FSB)の中将。2002年5月23日から2008年10月30日までイングーシ共和国大統領(第2代)を勤めた。

経歴[編集]

1980年、チェチェン・イングーシ国立大学歴史学部を卒業。在学中、1978年のキューバでの第11回万国青年・学生フェスティバルの代表だった。1980年~1981年、党ナズラノフスキー地区委員会で働き、その後、軍に召集。

1984年、ミンスクのソ連KGB高等課程を修了。同課程修了後、1992年まで、チェチェン・イングーシ自治ソビエト社会主義共和国KGBで働く。

イングーシ共和国建国後、その保安次官となると同時に、安全保障会議書記を務めた。

1996年~2002年、FSBアストラハン州局副局長。1996年~1998年、ロシア連邦議会連邦院の委員会で働く。

2002年1月、南部連邦管区ロシア連邦大統領副全権代表に任命。1月29日、少将に昇進。

2002年4月28日にイングーシ共和国大統領に選出され、5月23日より就任。同年6月からロシア連邦国家評議会議員。2008年10月30日に大統領を退任した。

パーソナル[編集]

哲学科学博士で、40件以上の国際青年運動と北カフカーズ諸民族の伝統文化に関する論文の著者。


公職
先代:
アフメド・マルサゴフ
(代行)
Flag of Ingushetia.svg イングーシ共和国大統領
第2代:2002 - 2008
次代:
ユヌス=ベク・エフクロフ