ムハンマド・ナーディル・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムハンマド・ナーディル・シャー
محمد نادر شاه
アフガニスタン国王
Mohammed Nadir Shah.jpg
ムハンマド・ナーディル・シャー
在位 1929年10月15日 - 1933年11月8日
全名 محمد نادر
ムハンマド・ナーディル
出生 (1883-04-10) 1883年4月10日
British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国デヘラードゥーン
死去 (1933-11-08) 1933年11月8日(満50歳没)
Flag of Afghanistan (1931–1973).svg アフガニスタンカーブル
配偶者 マフ・パルワル・ベグム
王朝 バーラクザイ朝
父親 ムハンマド・ユースフ・ハーン
母親 シャラフ・スルタナ・フクマト・ベグム
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

ムハンマド・ナーディル・シャーパシュトゥー語: محمد نادر شاه‎, ラテン文字転写: Muhammad Nādir Shāh1883年4月10日 - 1933年11月8日)は、アフガニスタン国王(在位:1929年10月15日 - 1933年11月8日)。ザーヒル・シャーの父。パシュトゥーン人ムハンマドザイ部族出身。ムハンマド・ユースフ・ハーン将軍の息子。ナクシュバンディー教団の指導者。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1883年4月10日イギリス領インドデヘラードゥーンにおいて、ムハンマド・ナーディル・ハーンとして生まれた。父はムハンマド・ユースフ・ハーン、母はSharaf Sultana。

彼の生家は、アフガニスタンバーラクザイ朝の王家の分枝である Telai 家である(パシュトゥーン人ドゥッラーニー部族連合バーラクザイ部族の一部であるムハンマドザイ家の一部)。バーラクザイ朝の初代ドースト・ムハンマド・ハーンの弟であるSultan Muhammad Khan Telai が、ムハンマド・ナーディル・ハーンの曽祖父にあたる。

前半生[編集]

1917年、軍総司令官。1920年から1924年まで、アマーヌッラー・ハーンの治世下で国防相を務めた。一時フランスに滞在していたが、アマーヌッラーに対する反乱が起こるや、1929年2月、アフガニスタンに帰国した。反乱指導者のハビーブッラー・カラカーニー英語版は、カーブルを占領しアマーヌッラーを退位させたが(アマーヌッラー・ハーンの改革と内戦ペルシア語版ノルウェー語版英語版)、政情を安定させることはできず、1929年10月13日、兄のシャー・ワリー英語版将軍に王位を譲り、シャー・ワリーはムハンマド・ナーディルに王位を譲った。

治世[編集]

1929年10月15日、アフガニスタンの国王(アミール)を宣言した。1930年9月、ロヤ・ジルガにおいて彼の称号が承認された。その後、国王の称号をシャーに変えた。

ナーディル・シャーの治世初期、シャリーアが法律の基盤となり、原理主義的な傾向が強かった。立法及び宗教指示の執行を監督するウラマー会議(ジャマーアテ・ウラマー)が設置され、更にイスラム教で禁止された食料品とアルコール類を取り締まるワジーラト・アル=イフティサーブのような機関も設置された。

しかしながら、原理主義的な政策は、1931年の新憲法の採択で一旦終結した。憲法の第1条は、イスラム教スンナ派ハナフィー学派(イスラム法学派の中で最も穏健なものとされる)を国教として宣言した。憲法により義務教育はウラマー階級の手に移り、選挙権は男性にのみ賦与された。

また、反ハザーラ人政策を行ったためハザーラ人の反感を買い、1933年11月8日、ハザーラ人アブドゥル・ハリークにより暗殺された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 窪田朋子「アフガニスタンにおける周縁民族の統合過程」 『アフガニスタン国家再建への展望』鈴木均編、明石書店、2007年、261頁

関連項目[編集]

ムハンマド・ナーディル・シャー

1883年4月10日 - 1933年11月8日

爵位
先代:
イナーヤトゥッラー・シャー
Flag of Afghanistan (1931–1973).svg アフガニスタン国王
1929年 - 1933年
次代:
ザーヒル・シャー