ムッタブラサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムッタブラサウルス
生息年代: 106 Ma
Muttaburrasaurus-Dinosaur-skeleton.jpg
ムッタブラサウルスの組み立て骨格
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
: ラブドドン科 Rhabdodontidae
: ムッタブラサウルス属
Muttaburrasaurus
学名
Muttaburrasaurus
Bartholomai & Molnar1981

ムッタブラサウルス(Muttaburrasaurus)白亜紀前期(アルブ期)に現在のオーストラリアに生息した鳥脚類恐竜の属の一つである。場合によって四足歩行、二足歩行をする草食動物であった。化石はクイーンズランド州ムッタブラ英語版で発見され、属名はこの発見地に由来する[1]

特徴[編集]

体長は7 m-10 mと推定され鳥脚類としては中型から大型の部類である。全体的には北半球に生息していたイグアノドンハドロサウルス類に似ておりかつては近縁と考えられたが、今日では詳細な研究の結果、異なることが分かっている。

2例目の化石により知られる頭部が特に特徴的である。顎には歯がびっしり詰まっているが、この歯はイグアノドンの歯のように磨り潰すという目的ではなく、むしろ切り刻むように適応している。頭骨の眼より後ろの部分は横に張り出し大きく発達し、顎を噛み合わせる筋肉が発達していた。

大きく前方に膨らみ中空の鼻腔部を持っていた。これ発達した嗅覚器官かディスプレイのための独特の声を発するために使われたのかもしれない。しかしこの機能を推測できる鼻部の組織は化石にはまったく残っていない。

前肢にはイグアノドンのようにスパイクを持っていた可能性があるが化石は不完全にしか知られていない。後肢の3本の指は蹄状のパッドを形成していたようだ。

生態[編集]

歯と顎の特徴はソテツなどの植物を食べることに適用していたようだ。これらの特徴はイグアノドンよりむしろ角竜類のものに似ている。ムッタブラサウルスは角竜類が北アメリカやアジアで占めていた低層植物食者という生態を、オーストラリアで占めていたのかもしれない。

鼻の特徴はハドロサウルス類のものと似ており同じように集団で生活し、声のコミュニケーションを行っていたものと考えられる。しかし、いまだ化石は集団では発見されていない。

最初の化石は貝類やアンモナイトなどとともに浅い海の海生層から発見されている。死後、死体が海に運ばれ堆積したものであるが、もともと河口か浜辺に生息していた可能性がある。

分類[編集]

種としてはM. langdoni のみが知られる。 鳥脚類の中での位置づけは、かつてはイグアノドン科とされていたが、今日では上記の理由で異なるとされる。角竜類に似た特徴から角竜類や堅頭竜類(Pachycephalosauria)などの周飾頭類(Marginocephalia)との関連も考えられている。現在ではアトラスコプコサウルス(Atlascopcosaurus)やラエリナサウラ(Leaellynasaura)などオーストラリア独自の小型鳥脚類から進化し、北半球の種と収斂したオーストラリア特有のグループと考えるのが一般的なようだ。

参照[編集]

  1. ^ Bartholomai, A; Molnar, R.E. (1981). “Muttaburrasaurus: a new Iguanodontid (Ornithischia:Ornithopoda) dinosaur from the Lower Cretaceous of Queensland”. Memoirs of the Queensland Museum 20 (2): 319–349.