アトラスコプコサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アトラスコプコサウルス
Atlascopcosaurus loadsi.JPG
A. loadsi 復元模型
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
: ヒプシロフォドン科
Hypsilophodontidae
: アトラスコプコサウルス属
Atlascopcosaurus
学名
Atlascopcosaurus

アトラスコプコサウルス(Atlascopcosaurus)は、1-1.2億年前(前期白亜紀)に生息していたヒプシロフォドン科の草食恐竜。体長は2-3m、体重は125kgほどあったと言われている。

概要[編集]

アトラスコプコサウルスは、1984年にオーストラリアメルボルン西部での発掘調査の際に発見され、地下洞採掘技術と機械を提供したアトラスコプコ社と、かつて同社に勤務していたウィリアム・ローズに因んで命名された。

キャラクターとしてのアトラスコプコサウルス[編集]

上記の理由により、アトラスコプコサウルスとアトラスコプコ社との関連は深く、アトラスコプコ社では、アトラスコプコサウルスを同社のマスコットキャラクターとして採用している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]