レエリナサウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レエリナサウラ
レエリナサウラ
レエリナサウラ想像図
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
: ヒプシロフォドン科
Hypsilophodontidae
: レエリナサウラ属
Leaellynasaura
学名
Leaellynasaura
Rich & Rich, 1989

レエリナサウラ (Leaellynasaura) は、中生代白亜紀前期に当時のオーストラリア大陸に生息していた小型の草食恐竜属名は発見者であるトム・リッチとパトリシア・リッチの愛娘で、本種の発掘にも貢献したリエーリン(レリン)・リッチに因む。また模式種 L. amicagraphica(レエリナサウラ・アミカグラフィカ)の種名は、ヴィクトリア博物館及びナショナルジオグラフィック協会にいる二人の友人から命名された[1]ラエリナサウラ[2]とも書かれる。

体長0.6 - 0.8m程度。化石から非常に大きな目を持っていたことが確認されている。また脳も大きく、頭骨内にシルトで形成された脳の雄型からは、視葉が発達していた事が判明した。このことから、レエリナサウラは極めて優れた視力を持っていたと推測されている[3]。これは、当時のオーストラリアは南極圏であり、一年の半分は日照時間が極端に短いことに適応したためと考えられている。また氷点下近くまで気温が低下する厳しい冬の環境下であるに関わらず、骨には成長停止線(成長が停滞、あるいは停止した際に現れる線。大半の恐竜にも見られる)が存在しない事から、おそらく一年を通じて高い代謝を保つことができる恒温動物であった可能性が高いとされる。[4]近年では、羽毛があった[5]、あるいは穴を掘って冬を越していたのではとの説が出ている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『地球を支配した恐竜と巨大生物たち』 46頁
  2. ^ 『小学館の図鑑NEO 恐竜』、小学館、P120,179,180ではラエリナサウラと表記されている
  3. ^ 『地球を支配した恐竜と巨大生物たち』 45頁
  4. ^ 『地球を支配した恐竜と巨大生物たち』 46 - 47頁
  5. ^ 『小学館の図鑑NEO 恐竜』、小学館、P120 では復元画に羽毛が書かれている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]