ミールザー・ギヤース・ベグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミールザー・ギヤース・ベグ

ミールザー・ギヤース・ベグペルシア語:مرزا غياث بيگ, Mirza Ghiyas Beg, 生年不詳 - 1622年1月)は、北インドムガル帝国の政治家・宰相。イティマード・ウッダウラ(ペルシア語:اعتماد الدوله, I'timād-ud-Daulah)の称号でも知られる。

生涯[編集]

ミールザー・ギヤース・ベグはもともとサファヴィー朝に遠い縁戚であった。だが、同朝に仕えていた間に落ちぶれたため、1577年に家族とともにインドムガル帝国へと移住した[1][2]

その後、ミールザー・ギヤース・ベグは帝国の皇帝アクバルに仕え、その執事にとりたてられ、いくつかの公職にあった[2]。というのも、彼は大変教養のある知識人で、能筆家としても優れていたからである。

アクバルの死後、ミールザー・ギヤース・ベグはその息子ジャハーンギールにも重用され、「イティマード・ウッダウラ」(国家の柱)の称号を与えて帝国の宰相に任命した[1]。なお、1611年に娘のヌール・ジャハーンはジャハーンギールの妃に、1612年には孫のムムターズ・マハルはジャハーンギールの皇子フッラム(のちのシャー・ジャハーン)と結婚し、帝室と姻戚関係を結ぶことさえ成功した。

1610年頃から、ジャハーンギールは病気の発作を起こすようになり、帝国の国政は宰相ミールザー・ギヤース・ベグ、娘のヌール・ジャハーンや息子アーサフ・ハーンに握られていた[3]。この三人にジャハーンギールの後継者ともいえる皇子フッラムが加わり、事実上の四頭政治が始まった[2]

1622年1月、ミールザー・ギヤース・ベグはアーグラで死亡した。娘のヌール・ジャハーンはその死を悼んで、同年から1628年にかけてイティマード・ウッダウラ廟を建設した。

脚注[編集]

  1. ^ a b クロー『ムガル帝国の興亡』、p.164
  2. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.214
  3. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、pp.214-215

参考文献[編集]

  • アンドレ・クロー; 杉村裕史訳 『ムガル帝国の興亡』 法政大学出版局、2001年 
  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年 

関連項目[編集]