ミュールジカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュールジカ
MuleDeer ModocCounty.jpg
ミュールジカのオス(左)とメス
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : 反芻亜目 Ruminantia
: シカ科 Cervidae
亜科 : オジロジカ亜科 Odocoilinae
: オジロジカ属 Odocoileus
: ミュールジカ O. hemionus
学名
Odocoileus hemionus
和名
ミュールジカ
英名
Mule deer

ミュールジカOdocoileus hemionus)は、北アメリカ西部で普通にみられるシカである。耳がラバ(ミュール)のそれに似ているのでこの名前がある。尻尾がすべて黒いオグロジカを含む数種類の亜種があり、近縁のオジロジカとは違って、ミズーリ川より西の地域、特に、ロッキー山脈付近に分布する。ハワイのカウアイ島アルゼンチンに移入されたこともある[1]

シートン動物記The Trail of The Sandhill Stag(邦題『サンドヒルの牡鹿』『サンドヒル・スタッグ どこまでも続く雄ジカの足あと』)に出てくるのは、このミュールジカである[2]

特徴[編集]

オジロジカ属の中では最大種で、肩高1-1.1メートル、体長2メートルにもなる。大人のオスは体重が68キロから140キロ、一方メスは平均して57キロから79キロで、大きなオスになると230キロにもなる[3]。オジロジカのように、同じ地域内で際立った体格差が見られることはない。
オジロジカとの外見上の大きな違いは、耳の大きさ、尻尾の色、そしてオスのの形である。体の大きさの違いで見分けられることも多い。また、ミュールジカの尻尾は先端が黒いが、オジロジカは黒くない。角も、ミュールジカは複数の枝に分かれ、年を重ねるごとにフォーク状に横に張るが、オジロジカの角は、1本の角から枝分かれする。
角は毎年、交尾期の後に抜け落ちるが、春にはすぐに新しいものが生えて来る。抜け落ちるのは2月半ばが一般的だが、地域差がある[4]

生態[編集]

食性[編集]

夏は主に草を食べるが、果実を食べることもある。例えばブラックベリーブルーベリーレモンリーフの実やスィンブルベリーである。また、有毒であるにもかかわらず、カリフォルニア・バックアイ(カリフォルニアトチノキ)の葉を食べることでも知られる。
冬は毬果、とりわけダグラスモミや、ヒノキ科や、イチイ属ビャクシン属の樹木の実を食べる。また、落葉樹や灌木(特にハコヤナギヤナギハナミズキザイフリボクセージ)の枝も食べる。ドングリやリンゴを食べることもある。ミュールジカが生息する地域の大部分は、冬になると、食物が雪と氷におおわれ、そうでないわずかな食物も成長が鈍る。食物が少ない環境での冬を乗り切るために、ミュールジカは動きが少なくなり、新陳代謝が鈍くなる。冬はミュールジカの死亡率が一番高くなる時期で、特にその前の春に生まれた子の死亡率が高い。そのため、ミュールジカは、冬場は雪が多い山から谷へと移動する。人間による餌付けが行われることもあるが、こういう給餌のやり方は、よほど適切に行われない限り、いい結果を生まない。
[5][6]

ミュールジカの子

ミュールジカは木の葉よりも草を食べる傾向があり、食物となる草の多寡によって生息数が増減する。水や餌を求めて移動することはまれで、食物があるところから、歩いて移動できる場所にねぐらを構える性質がある。

子供のころは家族単位で採食するが、大人のオスは単独、もしくは他のオス数頭と採食する。夜明けまたは日暮れの頃に食物を採り、昼間は休んでいることが多いが、見通しのいい農地や、満月の時期、そして、ハンターから追われている場合には、夜にも餌をあさる。ミュールジカの寝る場所は、たらいほどの大きさで、よく使う場所は表面がこすり取られているが、間に合わせのねぐらは、せいぜい草がぺしゃんこになった程度である[7]

繁殖[編集]

メスのミュールジカ(カナダ、アルバータ州

繁殖のサイクルも、このシカを知る上では欠かせない。交尾期もしくは発情期は秋に始まり、メスは数日間盛りがついた状態となり、オスは、相手を求めてより攻撃的になる。メスは最低1頭のオスと交尾するが、つがいとならなかった場合は、一月以内に発情期に戻る。妊娠期間は約190-200日で、春に生まれた子ジカは、生後60-75日経って乳離れをする。
子ジカは通例1頭または2頭だが、たまに三つ子が誕生することもある。子ジカは、生まれた年の冬は母親と一緒に過ごす[8]

天敵[編集]

ミュールジカの天敵は人間に留まらない。ハイイロオオカミクーガーは、成獣にとっての主な天敵である。ボブキャットコヨーテアメリカクロクマハイイログマは、成獣はめったに捕食しないが、子ジカは普通に捕食する[5]

1960年代より、プリオンによる慢性消耗病(CWD)が問題になっている[9]

種類[編集]

2頭のオス(コロラド州

ミュールジカは、狭義のミュールジカ(sensu stricto)とオグロジカの2つのグループに分けられる[1]。オグロジカの仲間である O. h. columbianusO. h. sitkensis を除くすべての亜種が、ミュールジカの仲間に含まれる。この両者は別亜種として扱われているが、交配が可能であり、最近では、専門家はこの2種をほぼ同種として扱っている[10]

ただし、ミュールジカとオジロジカのミトコンドリアDNAは似通っている一方で、ミュールジカとオグロジカのミトコンドリアDNAには比較的大きな違いがある。これは交雑による遺伝子汚染のせいだと考えられているが、ミュールジカとオジロジカが野生の状態で交雑することはまれで、交雑種は生存率が低い(ただしテキサス西部では、一般的になっているようである)。交雑の観察記録の主張は正当とは言えず、外見的な特徴による識別は難しい[10]

[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wilson, Don E.; Reeder, DeeAnn M., eds (2005). Mammal Species of the World (3rd ed.). Baltimore: Johns Hopkins University Press, 2 vols. (2142 pp.). ISBN 978-0-8018-8221-0. OCLC 62265494.
  2. ^ 横浜市 教育委員会 中央図書館 読んでみようこんな本 中学生から
  3. ^ "Odocoileus hemionus". Integrated Taxonomic Information System. http://www.itis.gov/servlet/SingleRpt/SingleRpt?search_topic=TSN&search_value=180698. Retrieved 23 March 2006.
  4. ^ Mule Deer | Merced Applegate Park Zoo
  5. ^ a b C.Michael Hogan (2008) Aesculus californica, Globaltwitcher.com, ed. N. Stromberg
  6. ^ NORTH AMERICAN MULE DEER CONSERVATION PLAN
  7. ^ Large Mammals of the Santa Cruz Mountains
  8. ^ W J Yenne, Wildlife of North America, London:Bison Books Ltd, 1987, p.37
  9. ^ 社団法人エゾシカ協会 籠田勝基「シカの新しい感染病CWDについて」
  10. ^ a b Geist, V. (1998). Deer of the world: their evolution, behaviour, and ecology. ISBN 978-0811704960