ミツマタ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミツマタ属
Edgeworthia chrysantha, Japan.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フトモモ目 Myrtales
: ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae
: ミツマタ属 Edgeworthia
学名
Edgeworthia Meissn.
  • 本文参照

ミツマタ属(ミツマタぞく、学名:Edgeworthia、和名漢字表記:三叉属、三椏属)はジンチョウゲ科の一つ。

ジンチョウゲ科は、新しいAPG植物分類体系ではアオイ目に含める。

特徴[編集]

落葉またはほぼ常緑低木は密に分かれる。は長楕円形で、縁は全縁で絹毛でおおわれ、互生する。花序は頭状花序で、に包まれ、長い柄をもち頂生または側性する。は両性で4数性、花弁にみえるのは萼片で、花弁はない。萼筒は厚紙質で絹毛があり、萼裂片は瓦重ね状になる。雄蕊は8個が2列につき、子房は無柄で毛が生え、花柱は長く、柱頭は棍棒状になる。果実は乾質で、萼筒が残存して包む。中に紡錘形の種子がある。枝と葉の維管束の材内篩部繊維が多い。

中国、ミャンマー、ネパール、インドに4種知られる。日本ではミツマタ慶長年間に渡来し、和紙の原料植物として栽培され、逸出したものが野生化している。園芸品種もあり、観賞用として栽培されている。

[編集]

日本の帰化種[編集]

  • ミツマタ Edgeworthia chrysantha Lindl.
    • シノニムEdgeworthia papyrifera Siebold et Zucc.
    • (シノニム)Edgeworthia tomentosa (Thunb.) Nakai

外国の種[編集]

  • Edgeworthia eriosolenoides K.M.Feng & S.C.Huang
  • ヒマラヤミツマタ Edgeworthia gardneri (Wall.) Meisn.
  • Edgeworthia longipes Lace

参考文献[編集]