ミシェル・メルシエ (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミシェル・メルシエ、2007年

ミシェル・メルシエMichel Mercier1947年3月7日 -)は、フランスの政治家、二コラ・サルコジ政権期の法務大臣。ローヌ県ブール=ド=ティジー出身。2009年までローヌ県選出の元老院議員。民主運動に所属していたが現在は離党している。現在、憲法評議会メンバー[1][2]

石工の家庭に生まれた。リヨン第三大学法学部、リヨン政治学院を卒業後、リヨン第三大学法学部で助教授を務めていた。1977年から2001年まで、ティジー市長を務めた。

農水大臣、国土交通大臣を経て、2010年11月14日、第3次フランソワ・フィヨン内閣の司法・自由相に就任した。

脚注[編集]

先代:
ミシェル・アリヨ=マリー
フランス法相
2010年 - 2012年
次代:
クリスチャーヌ・トビラ
先代:
初代
フランス農業地域・国土整備省大臣
2009年 - 2010年
次代:
ブリュノ・ル・メール英語版