ミシェル・サッソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミシェル・サッソン(Michel Sasson[1][2]1935年5月18日[3] - 2013年3月26日[4]は、エジプト出身の指揮者

アレクサンドリア[5]の生まれ。 幼少期からヴァイオリンを学び、8歳でカイロ交響楽団とメンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲を演奏したという。 パリ音楽院ナディア・ブーランジェらに学び、一等賞を得て卒業後、1959年から1980年までボストン交響楽団に第二ヴァイオリンの奏者として在籍した。 1965年にニュートン市管弦楽団の創立指揮者[6]となった後、1975年から1980年までボストン・バレエ団の音楽監督を務めた。 1994年からはイスタンブール国立歌劇場の音楽総監督を歴任。

ブルックラインの病院にて没。

脚注[編集]

  1. ^ Michel Sasson”. 2016年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月17日閲覧。
  2. ^ http://michelsasson.com/
  3. ^ http://www.stokowski.org/Boston_Symphony_Musicians_List.htm
  4. ^ Jeremy Eichler (2013年4月10日). “Michel Sasson, 77; BSO violinist cofounded Newton Symphony”. オリジナルの2016年3月17日時点によるアーカイブ。. http://www.peeep.us/d3ea6139 2016年3月17日閲覧。 
  5. ^ http://michelsasson.com/bio.htm
  6. ^ http://sarahcoledesign.com/NSO_site_CONTRIBUTE/Historical_Info.html