ミケーレ・アマーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミケーレ・アマーリ
Michele Amari
Микеле Амари.jpg
生年月日 1806年7月7日
出生地 Bandiera del Regno di Sicilia 4.svgシチリア王国パレルモ
没年月日 (1889-07-16) 1889年7月16日(83歳没)
死没地 イタリア王国の旗 イタリア王国フィレンツェ

内閣 ファリーニ内閣イタリア語版
在任期間 1862年12月8日 - 1863年3月24日
イタリア王 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

内閣 第一次ミンゲッティ内閣イタリア語版
在任期間 1863年3月24日 - 1864年9月28日
イタリア王 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世
テンプレートを表示

ミケーレ・アマーリイタリア語: Michele Amari1806年7月7日 - 1889年7月16日)は、イタリアイタリア統一運動時代の歴史家大学教授政治家愛国者である。統一後はイタリア王国公教育大臣イタリア語版を務めた。

生涯[編集]

革命家として[編集]

ミケーレ・アマーリ生誕200周年記念の銘板(パレルモ
ミケーレ・アマーリの墓(パレルモ

ミケーレ・アマーリは1806年7月7日シチリア王国首都パレルモに生まれた[1]1820年のシチリア革命の際、ミケーレ・アマーリはまだ10代前半でありながらも両親とともに暴動に加担し逮捕された。彼自身はまだ少年であったことを理由に赦免されたが、父フェルディナンドは終身刑を言い渡されている。また、革命が頓挫した後もミケーレ・アマーリはシチリア島の分離独立主義者としてブルボン家に警戒されていたことから、フランス亡命した[1]

パリではシチリア専門、とりわけイスラーム期のシチリアおよびシチリアの晩祷についての歴史学者としての活動を本格的に開始し、まずシチリア島歴史を知る上で欠かせないアラビア語東洋学についてを研究を開始した[1]。その過程で東洋学者やアラビア学者のエティンネ・マルケ・クアトレーメフランス語版ウィリアム・マック・ガッキン・デ=スレインフランス語版との友情を築いている。またこの亡命期間中に、歴史学者としていくつもの書籍を出版した[1]。代表的なのは1842年に出版した『シチリアの晩禱』で、シチリアの晩祷からシチリア晩祷戦争までを小説的に描いた同著はイタリアの愛国心を鼓舞した作品としても知られている[2]

1848年のシチリア革命の際には亡命を中断しシチリア島に帰郷、暫定的に設立されたシチリア王国議会イタリア語版の副議長を務めた[1]。暫定政権崩壊以後は再びフランス亡命し、ジュゼッペ・マッツィーニに接近した[3]

1859年にはトスカーナ臨時政府イタリア語版に受け入れられ、ピサ大学アラビア語歴史学教授として勤務[1]1860年にはシチリア島に帰島して、ジュゼッペ・ガリバルディを首班として成立していたガリバルディ独裁政府イタリア語版に参加し教育大臣、公共事業大臣として活躍した[1]

イタリア王国誕生後[編集]

イタリア王国誕生後は上院議員となり、1862年から1864年にかけてはイタリア王国公教育大臣イタリア語版を務めた。またその傍ら教育者研究者としても活動しており、1862年にはトリノ科学アカデミーイタリア語版の会員になり、大臣辞職後はフィレンツェでアラビア語教育を再開、1873年まではフィレンツェ高等研究所イタリア語版にも勤務していた[1]

1889年7月16日フィレンツェで死去した[1]

研究[編集]

アマーリはイタリアにおける東洋学の先駆者とされ、イスラーム期のシチリアおよびシチリアの晩祷研究者として著名である。また、シチリア島は長らくイスラーム世界に組み込まれていた。その事からアマーリはその時代のシチリアを知る為にアラビア語を習得しており、イタリア王国におけるアラビア語教育を開拓した人物でもあった[1]

後年のイスラム研究者、東洋学者、シチリア島の歴史学者などは多くがアマーリの影響を受けている。レオーネ・カエターニイタリア語版フランチェスコ・ガブリエリイタリア語版ウンベルト・リッツィターノイタリア語版パオロ・ミンガンティイタリア語版などが代表的で、彼らは自身の著書の中でアマーリの言葉を引用している。

勲章[編集]

イタリア勲章[編集]

Commendatore SSML Regno BAR.svg 聖マウリッツィオ・ラザロ勲章 司令官
Grande ufficiale SSML Regno BAR.svg 聖マウリッツィオ・ラザロ勲章 グランドオフィサー
Ordine Civile di Savoia BAR.svg サヴォイア市民騎士団イタリア語版 騎士
Commendatore OCI Kingdom BAR.svg イタリア王冠騎士団イタリア語版 司令官
Cavaliere di Gran Croce OCI Kingdom BAR.svg イタリア王冠騎士団イタリア語版 グランドオフィサー

外国勲章[編集]

Pour le Mérite.png プール・ル・メリット勲章 騎士

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j AMARI, Micheleイタリア辞典 イタリア百科事典研究所イタリア語版(イタリア語)
  2. ^ 藤澤房俊『「イタリア」誕生の物語』講談社(2012年) 144ぺージ
  3. ^ 藤澤房俊『マッツィーニの思想と行動』太陽出版(2011年) 222ページ

関連項目[編集]