ミクロン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミクロン島
Port de miquelon.jpg
所在地 フランスの旗 フランス
所在海域 大西洋
座標 北緯47度05分40秒 西経56度22分00秒 / 北緯47.09444度 西経56.36667度 / 47.09444; -56.36667
面積 205 km²
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

ミクロン島Miquelon)は、サンピエール島・ミクロン島を構成する島の1つ。北から南にかけ、ル・カップ、グランド・ミクロン、ラングラード(小ミクロン)の各半島が陸繋砂州でつながっている。グランド・ミクロンとラングラードをつなぐものは、18世紀にできたミクロン=ラングラード地峡で、以後数世紀にわたって船が多数座礁して補強されてきた。

南東部は、幅5.5kmの海峡ラ・ベによってサン=ピエール島と隔てられている。島の中心となるのはミクロン=ラングラードである。

由来[編集]

1579年にボルドーで出版された、安全で良好な航海に必要な規則と教訓を含む行程を記し、ニューファンドランド島へ向かった『バスク人船長マルティン・オヤルサバルの冒険の旅』(fr)において、Micquelleのつづりで記されている[1][2]。マンソン地図と呼ばれる地図において1625年にはMicklonのつづりで記されている。

バスク語ではMikelune、ブレイス語ではMikelon、ノルマン語ではMiquelonとなる[3]

語源[編集]

Miquelonはバスク語でMichelを表したもので、バスク語訳するとMikelである[4] · [5] · [6][7]。ミクロンとラングラードを示し、バスク島(Île aux Basques)を指定するシャンプレーン地図など、特定の要素がこの仮説を裏付けている。1697年頃に航海したバスク人船長マルティン・サピアンは、サンピエール、フォルトゥーナ、Miquele Portuについて語り、マルティン・オヤルサバルの文書を裏付け、確認している。複数のバスク系スペイン人たちは、偉大なるミシェルを意味するMiguelónというスペイン語名のつづりから影響を受けたと考えられる。

地質[編集]

ミクロンには複雑な地質学上の歴史がある。液体力学上の流れと、海面変動が堆積物に与えた影響により、時間の経過とともに多かれ少なかれ安定した海岸線が形成された。最後の注目すべき出来事は、約300年前に起きた、グランド・ミクロンとラングラードを隔てる障壁の閉鎖である[8]

人口[編集]

群島で最大の面積(205km2)を誇る島であるが、島北部の村ミクロン=ラングラードの人口は627人である。住民は主に沿岸漁業で生計を立てており、大部分がバスク人、ブルトン人、ノルマン人またはアカディア人の子孫である。アカディア人たちは大追放(en)の時代に島に到着している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Citation d'un texte écrit en français par un Basque: « Sçaches que le cap de Breton, & les Isles de S.Pierre gisent est ouest quart de noroest & suest, ya 45. lieues. [...] Gisent cap de Breton & le pertuis de Micquetö est ouest, ya 42 l. [...] Gisent le Colombeire de S.Pierre & le pertuis(4) de Micquelle nort norroest & su suest, ya 7. lie…es » sur le site: Une Encyclopédie de Saint-Pierre et Miquelon
  2. ^ Hoyarçabal, Martin de : Les voyages aventureux du Capitaine Martin de Hoyarsal, habitant du çubiburu (Bordeaux, France, 1579)
  3. ^ Toutes les occurrences sont données par Marc Albert Cormier, Toponymie ancienne et origine des noms Saint-Pierre, Miquelon et Langlade, Le Marin du Nord, Société canadienne pour la recherche nautique, volume VII, 1997, pages 29 et suivantes. Lire en ligne.[1]
  4. ^ The Basques of Saint Pierre and Miquelon, Buber's Basque Page daté du 30 avril 2006.
  5. ^ Agence de tourisme de Saint-Pierre-et-Miquelon
  6. ^ [[{{{1}}}]] - [[ノート:{{{1}}}|ノート]].
  7. ^ Prénoms basques
  8. ^ "Évolution géologique détaillée :". 2019年11月8日閲覧