サン=ピエール島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サン=ピエール島
Sainte-Pierre aerial.jpg
所在地 フランスの旗 フランス
所在海域 大西洋
座標 北緯46度47分00秒 西経56度11分00秒 / 北緯46.78333度 西経56.18333度 / 46.78333; -56.18333
面積 25 km²
最高標高 207 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

サン=ピエール島L'île Saint-Pierre)は、フランス領の島。サンピエール島・ミクロン島を構成する島の1つ。北大西洋ニューファンドランド島の南に位置する。

由来[編集]

1536年6月、島を訪れたジャック・カルティエがIsle Sainct Pierreと命名した。名前のもととなるペテロ(フランス語名ピエール)は漁師の守護聖人である(アンドレパドヴァのアントワーヌミラのニコラ、ヴェローナのゼノンも同様である)[1]

地理[編集]

赤い部分がサン=ピエール島

サン=ピエール島は、隣のミクロン島とは異なり、島の北西を約5.5kmの海峡ラ・ベで隔てられており、比較的外海から保護された自然港をもっている。サン=ピエールがテル=ヌーヴ有数の漁港となったのはこの位置のおかげである。

島は火山から誕生しているが、島を構成する岩層は非常に古い。北にあるグラン・コロンビエ、マラン、ヴァンクール、ピジョンといった無人島や、東側を数多くの小島や岩で囲まれている。サン=ピエールの町は、鎖状の丘陵のふもと、島東部にある港の周り、海岸平野に位置している。

歴史[編集]

島に関する最初の言及は、1536年に立ち寄ったジャック・カルティエからのものである。

行政[編集]

サン=ピエール島には、首府であるサン=ピエールがあり、ミクロン島にあるミクロン=ラングラードとともにサンピエール島・ミクロン島を構成している

脚注[編集]