マーリン・エンターテイメンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーリン・エンターテイメンツ
Merlin Entertainments
市場情報 LSEMERL
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
プール
設立 1998年
業種 サービス業
事業内容 アトラクション施設の運営
従業員数 25,000人以上[1]
外部リンク 公式ウェブサイト (英語)
テンプレートを表示

マーリン・エンターテイメンツ(Merlin Entertainments)は、アトラクション施設の運営を手がけるイギリスの企業[1]

概要[編集]

ブラックストーン・グループの傘下の欧州で第1位、世界第2位の規模を誇るアトラクション施設運営企業で、現在は4大陸、23か国で105のアトラクション、11のホテル、および3のホリデービレッジを展開する[1]

マダム・タッソー館ロンドン・ダンジョンのようなアトラクションだけでなく、世界各地で水族館を運営する。また、レゴランドレゴランド・ディスカバリー・センターも世界各地で運営する [1]

日本では、同社日本法人「マーリン・エンターテイメンツ・ジャパン株式会社」が運営している。「健常者の方の付き添いのない、障がいをお持ちのお客様のみでのご入場は、安全確保に不安があるため、お断りする」としていたため、施設への聴覚障害者のみでの入場は許可されていなかったが、指摘・指導を受け、同社全世界共通のポリシーに明記されている「あらゆる障がいをお持ちの方も施設内にご入場いただけます。障がいをお持ちの方のみのご入場も例外ではありません」を遵守するようになった[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]