マーガレット・マリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーガレット・マリー
Margaret Murray 1928c.jpg
1928年のマリー
生誕マーガレット・アリス・マリー
1863年7月13日
イギリス領インド帝国コルカタ
死没1963年11月13日(100歳没)
イングランド、ハートフォードシャー
国籍イギリス
出身校ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
職業エジプト学者、考古学者、人類学者、民俗学者
雇用者ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン (1898年–1935年)
ジェームズ・マリー、マーガレット・マリー

マーガレット・アリス・マリー(Margaret Alice Murray、1863年7月13日 – 1963年11月13日)は、インド出身のイギリスのエジプト学者考古学者人類学者歴史学者民俗学者

遺産[編集]

ウィッカにおいて[編集]

マリーの魔女カルト理論は、ネオペイガニズムの宗教ウイッカの設計図となり[1]、マリーは「ウイッカの祖母」と呼ばれた[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Simpson 1994, p. 89; Sheppard 2013, p. 176.
  2. ^ Doyle White 2016b, p. 156.

外部リンク[編集]