マンフレート・ヴェーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンフレート・ヴェーバー
Manfred Weber
Weber, Manfred-9266.jpg
マンフレート・ヴェーバー(2014年撮影)
生年月日 (1972-07-14) 1972年7月14日(47歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ ロッテンブルク・アン・デア・ラーバー
出身校 ミュンヘン専門大学
前職 バイエルン州議会議員
現職 欧州議会議員
所属政党 キリスト教社会同盟
称号 応用科学大学技術学士

在任期間 2014年6月4日 -

当選回数 2回
在任期間 2004年 -
テンプレートを表示

マンフレート・ヴェーバーManfred Weber, 1972年7月14日 - )は、ドイツ政治家欧州議会議員。南ドイツ、バイエルン州を拠点にするキリスト教社会同盟 (CSU) および欧州人民党 (EPP) に所属。バイエルン州ロッテンブルク・アン・デア・ラーバーのニーダーハツコーフェン地区出身。

1996年ミュンヘン専門大学を卒業し、応用科学大学技術学士号を取得するとともに DG Beratung GmbH consultants 社を創設。1998年には G+U GbR 社を創設した。2003年から2007年までバイエルン青年同盟地域評議会議長。CSU執行委員兼CSUニーダーバイエルン地区委員長。2002年からケルハイム地域評議会委員。2002年から2004年まで、バイエルン州議会議員。2004年から欧州議会議員。2009年欧州人民党グループ副議長に就任。

2010年11月10日にはトルコとの欧州連合 (EU) 加盟交渉の中止を主張した[1]

2014年6月4日、欧州人民党グループ議長(代表)に選出された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
ジョゼフ・ドール
欧州人民党グループ代表
2014年 -
次代:
(現職)