マルゲリータ・ゴンザーガ (1564-1618)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マルゲリータ・ゴンザーガMargherita Gonzaga, 1564年5月27日 マントヴァ - 1618年1月6日 マントヴァ)は、イタリアマントヴァ公国の支配者ゴンザーガ家の公女で、フェラーラ、モデナおよびレッジョ公アルフォンソ2世の3番目の妻。

マントヴァ公グリエルモとその妻で神聖ローマ皇帝フェルディナント1世の娘であるエレオノーレの間の第2子、長女として生まれた[1]。1579年2月24日にフェラーラにおいて、30歳年上のアルフォンソ2世と結婚した。アルフォンソ2世の先妻バルバラはマルゲリータの母の妹であった。マルゲリータは期待されていた夫の世継ぎを産むことが出来なかった。1597年にアルフォンソ2世が死ぬと、モデナとレッジョはその庶系の従弟チェーザレが相続を許されたが、フェラーラはエステ家領から没収されて教皇領に回収された。

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2003年10月15日). “Margherita Gonzaga(Gonzaga3:C2)”. genealogy.euweb.. 2012年10月13日閲覧。