マルク=アン=バルール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Marcq-en-Barœul
Blason ville fr Marcq-en-Baroeul (Nord).svg

La mairie de Marcq-en-Baroeul 03.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オー=ド=フランス地域圏
(département) ノール県Blason Nord-Pas-De-Calais.svg
(arrondissement) リール郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 59378
郵便番号 59700
市長任期 ベルナール・ジェラール
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Lille Métropole Communauté urbaine
人口動態
人口 38,874人
2008年
人口密度 2769人/km2
住民の呼称 Marcquois
地理
座標 北緯50度40分16秒 東経3度05分50秒 / 北緯50.671111度 東経3.097222度 / 50.671111; 3.097222座標: 北緯50度40分16秒 東経3度05分50秒 / 北緯50.671111度 東経3.097222度 / 50.671111; 3.097222
標高 平均:m
最低:16 m
最高:51 m
面積 14.04km2 (1404ha)
Marcq-en-Barœulの位置(フランス内)
Marcq-en-Barœul
Marcq-en-Barœul
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

マルク=アン=バルールまたはマルカン=バルールMarcq-en-Barœul)は、フランスオー=ド=フランス地域圏ノール県の都市。

地理[編集]

リール北部にあるマルク=アン=バルールは、マルク川(fr:Le Marque)が交差する。マルク(Marcq)の名は川の名である他、辺境や境界を意味する。しかしこの意味は互換性がない。国境の概念は当時低かったからである。バルールは現在もリール近郊で見られる地名である。

歴史[編集]

マルク=アン=バルールは、ケルト系のアトレバテス族とメナピ族の定住地の境界にあたる、人気もまばらな地であった。ガイウス・ユリウス・カエサルによるガリア征服後、ガロ=ローマ時代にヴィッラがあったことがわかっている(1965年に発掘された)。

中世のマルク=アン=バルールは、カロリング朝期の王たちの狩猟地であった。

フランス革命普仏戦争は、およそ2700人ほどのコミューンに影響をさほど与えなかった。

2つの世界大戦はノール県のコミューンを打ちのめしたが、産業のため戦間期や戦後のマルク=アン=バルール経済や人口は1970年代に不況となるまで成長した。

経済[編集]

1500社以上の企業があり、その約8割が通信業、銀行業、コンピューターなどサービス業が占める。ラデュレの本社機能も置かれている。

姉妹都市[編集]