マルガ・ペテルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
陸上競技
オリンピック
1952 ヘルシンキ 女子 4×100mリレー

マルガ・ペテルセン(Marga Petersen、1919年9月18日 - 2002年9月22日)は、ドイツの陸上競技選手。1940年代から1950年代にかけて活躍した女子短距離選手。1952年ヘルシンキオリンピックの銀メダリストである。ブレーメン出身。

経歴[編集]

ペテルセンは、15歳のときに、病気で出場できなかった子の代役として、洋服にウォーキングシューズといったいでたちのまま急遽出場したレースで勝利したという逸話が残っている。17歳となった1936年には、地元の大会の4×100mリレーで優勝。戦後1946年になり、100mと4×100mリレーのドイツチャンピオンに輝くと、1947年も同様の成績を残し、同年のスポーツウーマンオブザイヤーに輝く。1948年、1949年も両種目で優勝。1949年の4×100mリレーのタイムはドイツ新記録でもあった。1951年も両種目で優勝を果たすと、同年、ドイツスポーツ界最高の栄誉である「銀の月桂樹の葉」を授与された。また、同年には、室内の50mのヨーロッパ新記録も樹立している。

1952年になり、ペテルセンは初めてのオリンピック出場を果たす。100mは準決勝で敗れたものの、4×100mリレーは、マリア・ザンダーウルスラ・クナッブヘルガ・クラインとともにドイツの銀メダル獲得に貢献した。この栄誉に対し、ペテルセンは、異例の2度目となる「銀の月桂樹の葉」を授与された。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1952 オリンピック ヘルシンキ(フィンランド) 100m 5位(sf) 12秒1
1952 オリンピック ヘルシンキ(フィンランド) 4×100mリレー 2位 45秒9
  • sfは準決勝

外部リンク[編集]