マリーナ・アレクサーンドロヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリーナ・アンドレーエヴナ・アレクサーンドロヴァ
Марина Андреевна Александрова
Марина Андреевна Александрова
マリーナ・アレクサーンドロヴァ(2010年10月28日撮影)
本名 Марина Андреевна Пупенина
生年月日 1982年8月29日(34歳)
出生地 ハンガリーの旗ハンガリー人民共和国バーチ・キシュクン県キシュクンマイシャ市英語版ハンガリー語版ロシア語版
国籍 ロシアの旗 ロシア
民族 ロシア人
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1996年(英語版では1992年)から
配偶者 アレクサンドル・ドモガロフ英語版ロシア語版(2005年 - 2007年、同棲
I・S・ステブノフロシア語版(2008年 - 2010年)
アンドレイ・ボルテンコ(2011年 - )

マリーナ・アンドレーエヴナ・アレクサーンドロヴァロシア語: Мари́на Андре́евна Алекса́ндрова [mɐˈrʲinə ɐnˈdrʲeɪvnə əlʲɪˈksandrəvə マリーナ・アンドリェーイェヴナ・アリクサーンドラヴァ]1982年8月29日 - )は、ハンガリー生まれのロシア女優である。アレクサーンドロヴァという芸名で、本名プペーニナПупе́нина [pʊˈpʲenʲɪnə プピェーニナ])。

概要[編集]

出生[編集]

1982年8月29日ハンガリー人民共和国バーチ・キシュクン県キシュクンマイシャ市英語版ハンガリー語版ロシア語版でハンガリー駐留ソビエト軍士官の家庭に生まれた。父のアンドレイ・ヴィターリエヴィチは中佐2005年)で、母のイリーナ・アナトーリエヴナはA・I・ゲルツェン記念ロシア国立教育大学の教師だった。

1986年、一家は越バイカル地方に引越し、トゥーラを経て、1987年にレニングラード[1]へ引っ越した。

教育とキャリア[編集]

第308中等学校で数学を学び、音楽学校ではハープを学んで卒業した。

1996年(英語版では1992年)から、演劇スタジオ「ヴォオブラジー(想像して)」で活動を始めた。

中等学校を終えたのち、ボリース・シチューキン記念演劇大学に入学した。そこでは、V・P・ニコラエーンコに教授された。

ロシア-ベラルーシ合作のテレビシリーズ『最後の走行列車』 (Последний бронепоезд)の第三話でヌードを披露した。

2006年から、モスクワの「ソヴレメーンニク(同時代人)」劇場に所属する女優となった。

結婚[編集]

2008年撮影

2005年から2007年にかけて、俳優のアレクサンドル・ドモガロフ英語版ロシア語版同棲した後、2008年6月7日には自分と同じソヴィレメーンニク劇場所属の俳優I・S・ステブノフロシア語版と結婚したが[2]2010年4月に離婚した[3]

2011年にテレビ局ディレクターのアンドレイ・ボルテンコАндреем Болтенко)と再婚[4]。2012年7月11日に息子を出産し、夫の名前を取ってアンドレイと命名[5]。2015年9月には娘を出産し、2014年に自ら主演したドラマ・エカテリーナの主人公エカテリーナ2世女帝にちなんでエカテリーナと命名した[6]

表彰[編集]

フィルモグラフィー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在のサンクト・ペテルブルク
  2. ^ ЖИЗНЬ: СМИ: Марина Александрова вышла замуж. 09 июня, 08:55. Михаил ГАСПАРОВ (ロシア語)
  3. ^ Марина Александрова получила развод. 20 апреля, 13:54 (ロシア語)
  4. ^ Марина Тищенко. (29 сентября 2015). “Марина Александрова родила дочку в США” (ru). コムソモリスカヤ・プラウダ・ウクライナКомсомольская правда в Украине). 29 сентября 2015時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月29日閲覧。
  5. ^ Елена Лаптева, Наталия Маргиева. (12 июля 2012). “Актриса Марина Александрова родила сына в Америке”. コムソモリスカヤ・プラウダКомсомольская правда). 2013年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月23日閲覧。
  6. ^ “Марина Александрова готова родить третьего перед сиквелом "Шакала"”. Собеседник.ру. http://sobesednik.ru/kultura-i-tv/20161021-marina-aleksandrova-gotova-rodit-tretego-pered-sikvelom-shak?utm_source=vk.com&utm_medium=social&utm_campaign=marina-aleksandrova-gotova-rodit-tretie 2016年10月21日閲覧。 
  7. ^ Почетное звание присвоено указом Президента РФ от 20 сентября 2016 г. № 482. http://docs.cntd.ru/search/ykazprezidenta
  8. ^ "Екатерина. Взлет. Идут съёмки"”. ロシア1 (2016年11月15日). 2016年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Марина Александроваに関するカテゴリがあります。