マリア・コロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコロン第二姓(母方の)はレニェス=サラザールです。
マリア・コロン Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム María Caridad Colón Rueñes-Salazar
国籍  キューバ
種目 やり投
生年月日 (1958-03-25) 1958年3月25日(61歳)
身長 169cm
体重 66kg
自己ベスト やり投 : 70m14(1986年)
 
獲得メダル
女子 陸上競技
オリンピック
1980 モスクワ やり投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

マリア・コロン (María Caridad Colón、1958年3月25日 - )は、キューバの陸上競技選手。また、やり投の選手として1980年モスクワオリンピックに出場。68.40mの記録で金メダルを獲得した選手である。

コロンは1978年の中米カリブ海ゲームズのやり投で63.40mを投げ優勝を果たす。翌年のプエルトリコサンファンで行われたパンアメリカンゲームズでも優勝。8月24日にカナダモントリオールで行われたワールドカップで63.50mの記録で3位となっている。

コロンはモスクワオリンピックが開かれる1980年のシーズン序盤からめきめきと力をつけていく。6月1日には65.64mだった自己ベストは3日には66.80m、6日には68.04mまで伸ばしていった。オリンピック開催まで2ヶ月を切った頃であった。

コロンは世界歴代7位まで記録を向上させていた。しかし、オリンピックには彼女よりよい記録を持つ選手が5人も出場することとなっていた。

7月25日のオリンピック決勝で、コロンは1投目にいきなり68.40mのオリンピック新記録たたき出す。自己ベストを更新する中、ほかのライバルたちはいつもの調子を出すことができず、コロンは最初の一投でキューバに金メダルをもたらした。

コロンは1983年の世界選手権では8位という結果に終わっている。翌年69.96mまで自己ベストを更新するが、1984年ロサンゼルスオリンピックまで2ヶ月を切っており、またキューバはオリンピックをボイコットしたために彼女のオリンピック連覇の夢はかなわなかった。

コロンは1986年に70.14mという記録を出している。そして1988年のオリンピックイヤーには67.44mという記録を持っていたにもかかわらず、キューバ政府は1988年ソウルオリンピックもボイコットしたため彼女は再びオリンピック出場に出場することはなかった。

大会 場所 種目 結果 記録
1979 パンアメリカンゲームズ サンファン(プエルトリコ) やり投 62.30m
1979 IAAFワールドカップ モントリオール(カナダ) やり投 3位 63.50m
1980 オリンピック モスクワ(ソビエト連邦) やり投 68.40m
1983 パンアメリカンゲームズ カラカス(ベネズエラ) やり投 63.76m
1985 ユニバーシアード 神戸(日本) やり投 62.46m
1987 パンアメリカンゲームズ インディアナポリス(アメリカ合衆国) やり投 61.66m

外部リンク[編集]