コンテンツにスキップ

マニタス・デ・プラタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マニタス・デ・プラタ
(Manitas de Plata)
ベルナール・ビュッフェが装飾したギターで演奏する様子(1968年)
基本情報
出生名 Ricardo Baliardo
生誕 (1921-08-07) 1921年8月7日
死没 (2014-11-05) 2014年11月5日(93歳没)
ジャンル フラメンコ
職業 ギタリスト

マニタス・デ・プラタManitas de Plata1921年8月7日 - 2014年11月5日[1])は、フランスフラメンコギタリスト。本名はリカルド・バリアルド (Ricardo Baliardo)。「マニタス・デ・プラタ」は「銀の小さな手」という意味で、ギター演奏の巧みさを讃えたものである。ギタリストとして世界的な名声を得たが、「コンパス」と呼ばれるフラメンコの伝統的なリズムを逸脱したため、批判されることもあった。

ジプシー・キングスのメンバーであるバリアルド兄弟(ジャクー、モーリス、トニーノ)は、マニタスの息子である[注 1]。同じくレイエス兄弟(ポール、フワンソワ〈カヌート〉、パチャイ、ニコラ、アンドレ)は、従兄弟のホセ・レイエスの子であり、マニタスの甥にあたる。また、オーストラリアのマルチプレイヤーであるクリス・フリーマン英語版は、1971年にマニタスからギターを教わっており、マニタスの影響と指導が認められる。

他にも弟のイッポリテ・バリアルド(Hippolyte Baliardo, 1928-2009)、長男のマネロ・バリアルド(Manero Baliardo, 1940-2012)など、マニタスの家族の多くは有名なフラメンコ奏者であった。もうひとりの息子であるバンボ・バリアルド(Bambo Baliardo)は、2015年時点で現役の音楽家・奏者である。

生涯[編集]

マニタス・デ・プラタ(リカルド・バリアルド)は、南フランス・セットのジプシー・キャラバンで生まれた。カマルグサント=マリー=ド=ラ=メールで行われるジプシーの巡礼にて毎年演奏することで有名になり、これはデベン・バッタチャリヤ英語版によってライブレコーディングされた。

マニタスは当初人前での演奏を好まず、ジャンゴ・ラインハルト(1910 - 1953。当時、満場一致でジプシーギタリストの頂点と認められていた)の死後10年経って初めて演奏に同意した。1963年、マニタスの最初のアルバムがアルルの礼拝堂で収録され、フィリップスレーベルから発売された。これは1967年にコニサー・ソサエティ英語版レーベルから再版され、ブック・オブ・ザ・マンス・クラブ英語版で売られている。レコードを聴いた芸術家のジャン・コクトーは、マニタスを称賛する手紙を出した。また、1964年にアルルでのマニタスの演奏を聴いたパブロ・ピカソは、「あの男は私よりも価値がある!」と声高に叫び、ギターに絵を描いた。

マニタスの友人であるルシアン・クレルグ英語版がニューヨークで開催した写真展示会の後、マニタスはアメリカ合衆国でも好評を博すようになった。レコードがアメリカの聴衆から注目を集めて有名になり、1965年11月24日にニューヨークのカーネギー・ホールでコンサートが行われた。

カーネギー・ホールのコンサートのポスター

1967年から、ダンサーのニーナ・コーティ英語版を伴って世界ツアーを実施し、ライブレコードを作成した。1968年、ロンドンのロイヤル・バラエティ・パフォーマンス英語版で演奏した。

マニタスは、引退後に住んでいたモンペリエの自宅で、2014年11月6日に死去した。死因は公表されていないが、2013年4月に重度の心臓発作を発症して以来、体調が優れなかったことが伝えられていた。

モンペリエ市庁舎前のマニタス・デ・プラタ像

ディスコグラフィ[編集]

  • Juerga! (1963)
  • Flamenco Guitar (1965)
  • Manitas de Plata - The world's greatest living flamenco artist (1966)
  • Manitas et les siens (1967)
  • The Art of the Guitar (1968)
  • La guitare d'or de Manitas (1970)
  • Et Ses Guitares Gitanes (1972)
  • Excitement of Manitas De Plata (1973)
  • Hommages (1973)
  • Soleil des Saintes-Maries (1978)
  • Feria Gitane (1994)
  • Olé (1994)
  • Manitas de Plata at Carnegie Hall (1995)
  • Flaming Flamenco (1997)
  • Manitas de Plata (1998)
  • Camargue de Manitas (1999)
  • Guitare D'Or Manitas de Plata (1999)
  • Flores de mi corazon (1999)
  • Guitarra Flamenco (2001)
  • Manitas de Plata y los Plateros (2004)

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ バリアルド兄弟については、マニタス・デ・プラタの実子とする説[2]、甥とする説[3][4][5]、同姓だが血縁はないとする説[6]がある。

出典[編集]

  1. ^ マニタス・デ・プラタさん死去 フラメンコギターの巨匠 朝日新聞 2014年11月7日
  2. ^ Walters, John L. (2014年11月9日). “Manitas de Plata obituary”. The Guardian. 2021年8月2日閲覧。
  3. ^ アルバム『ジプシー・ルンバ~マニタス・デ・プラタ・ベスト』(PHCA-6145)ブックレットより。
  4. ^ アルバム『トニーノ・バリアルド エッセンシズ』(ESCA 8323)日本版ブックレットより。
  5. ^ Familia de Gipsy Kings”. 学生フラメンコ地方総局. 2021年8月2日閲覧。
  6. ^ ジプキンワールドへのいざない【3】Gipsy Kingsにまつわるガセネタを斬る!後編”. GIPSY GROOVE. 2021年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]