マティアス・ピンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マティアス・ピンチャーMatthias Pintscher1971年1月29日 - )は、ドイツ現代音楽作曲家指揮者

略歴[編集]

1971年、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州マール生まれ。ギーゼルヘル・クレーベen:Giselher Klebe)とマンフレート・トロヤーンde:Manfred Trojahn)に作曲を学ぶ。その後、ヘンツェとの出会いによって才能を開花させた。

20代前半から数々のコンクールで入賞を重ね、ヘンツェ賞、モナコ・ピエール皇太子作曲賞など多数受賞している。 リームラッヘンマンフラーファーニホウなどからの影響が認められるが、特殊奏法を多用し音色パラメータをコントロールして点描的で微細な音像を作っていく点ではラッヘンマンの影響が最も大きいと言える。

ドイツ70年代生まれを代表する一人として認知されつつある。また演奏の機会にも恵まれ、すでに多くの録音が出ている。

作品は室内楽を中心にベーレンライターより出版されている。

主要作品[編集]

室内楽曲[編集]

  • Figura Ⅰ(1998年)- 弦楽四重奏とアコーディオン
  • Figura Ⅱ(1998年)- 弦楽四重奏

管弦楽曲[編集]

  • オシリスに向かって Towards Osiris (2005年)
  • オシリス Osiris(2008年)

オペラ[編集]

  • Thomas Chatterton(1998年)
  • L'espace dernier(2004年)

歌曲[編集]

  • Lieder und Schneebilder(2000年/2001年)

外部リンク[編集]