マティアス・ハドゥエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はハドゥエ第二姓(母方の)はゴンサレスです。
マティアス・ハドゥエ Football pictogram.svg
名前
本名 マティアス・ニコラス・ハドゥエ・ゴンサレス
Matías Nicolás Jadue González
ラテン文字 Matías Jadue
基本情報
国籍 パレスチナの旗 パレスチナ
 チリ
生年月日 (1992-05-16) 1992年5月16日(28歳)
出身地  チリ サンティアゴ・デ・チレ
身長 188cm
選手情報
在籍チーム タイ王国の旗 タイ・ポートFC
ポジション FW
背番号 32
ユース
2007-2010 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2015 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ 12 (2)
2012 チリの旗 ラ・セレナ(loan) 14 (4)
2014-2015 チリの旗 アントファガスタ(loan) 17 (1)
2015-2016 チリの旗 サンタ・クルス 14 (6)
2016-2017 マレーシアの旗 PKNS FC 34 (16)
2017- タイ王国の旗 タイ・ポートFC
代表歴2
2009  チリ U-17 4 (2)
2015-  パレスチナ 6 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年2月19日現在。
2. 2016年4月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マティアス・ニコラス・ハドゥエ・ゴンサレススペイン語: Matías Nicolás Jadue Gonzálezアラビア語: ماتياس نيكولاس حذوة غونزالي‎、1992年5月16日 - )は、チリ出身のパレスチナサッカー選手パレスチナ代表。ポジションはFW

クラブ歴[編集]

パレスチナ系チリ人である彼はサンティアゴで生まれ、ウニベルシダ・カトリカの下部組織でサッカーを行っていた。その後2010年にトップチームに昇格した。レンタル移籍を経ながらも2015年まで在籍した。

2015年にデポルテス・サンタ・クルスを経て2016年にマレーシアのPKNS FCに移籍した。

代表歴[編集]

両親ともにパレスチナ人であるので、チリとパレスチナの両方の国籍を有している。ユース年代ではチリ代表を選択し、チリU-17代表として2009 南米U-17選手権に出場した。その後、パレスチナ代表に転向し、2015年6月11日の2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選サウジアラビア代表戦で初出場、初得点も決めたが、チームは3-2で敗北した[1]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ウニベルシダ・カトリカ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]