マット・マグロイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg マット・マグロイン American football pictogram.svg
Matt McGloin
Matt McGloin.jpg
基本情報
ポジション クォーターバック
生年月日 (1989-12-02) 1989年12月2日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州スクラントン
身長 6' 1" =約185.4cm
体重 210 lb =約95.3kg
経歴
大学 ペンシルベニア州立大学
ドラフト外 2013年
初出場年 2013年
初出場チーム オークランド・レイダーズ
所属歴
* オフシーズンまたはプラクティススクワッドとしての所属のみ
受賞歴・記録
NFL 通算成績
通算TD/INT 11回/11回
パス獲得ヤード 1,818ヤード
QBレイティング 76.4
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

マット・マグロイン(Matt McGloin 1989年12月2日- )は、ペンシルベニア州スクラントン出身のアメリカンフットボール選手。現在フリーエージェント。ポジションはクォーターバック (QB) 。

経歴[編集]

ペンシルベニア州立大学でプレーした。4年次にはパス3,266ヤードを獲得、24TDをあげた[1]

NFLドラフトコンバインには招待されず、2013年のNFLドラフトでも指名されなかった[2]

2013年にドラフト外でオークランド・レイダーズに入団した。

プレシーズンゲーム第1週のダラス・カウボーイズ戦ではブライス・バトラーに30ヤードのTDパスを決めた[3]。8月31日の最終ロースターカットにも残った[4]

10月7日、マット・フリンがレイダーズから解雇されたため、第2QBとなった[5]

第11週のヒューストン・テキサンズ戦でテレル・プライアーに代わって先発出場し、パス18回197ヤード、3TDパス、インターセプト0の活躍で勝利、この週の最優秀新人に選ばれるとともに[6]、チームのロードでの連敗を8で止めた[7]。第12週のダラス・カウボーイズ戦でも先発を務め[8]、21-28と7点差の状況で、アンドレ・ホームズへの35ヤードのパスなどで敵陣20ヤードまでボールを進めたが、ジャコビー・フォードへのパスをブランドン・カーにインターセプトされ、24-31で敗れた[9]

2014年、開幕を新人のデレック・カーマット・ショーブに次ぐ第3QBとして迎えた。

2015年、プレシーズンでミネソタ・バイキングスで36試合先発出場したクリスチャン・ポンダーと控えQBの座を争い、ロースターに残った[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ College Football Stats”. sports-reference.com. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ Christopher Hansen (2013年11月20日). “Matt McGloin Is Defying the Odds with the Oakland Raiders”. bleacherreport.com. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ Yoshi Hirayu (2013年8月14日). “【プレシーズン第1週】レイダーズ19-17カウボーイズ”. オークランド・レイダーズ. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ チーム事情が見え隠れ、QBが4人在籍のチーム”. NFL JAPAN (2013年9月1日). 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ レイダーズQB整理 フリンを戦力外解雇”. TSPスポーツ (2013年10月7日). 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ レイダースの新星、QBマグロインが週間新人MVP”. NFL JAPAN (2013年11月23日). 2013年12月1日閲覧。
  7. ^ 生沢浩 (2013年11月20日). “新ヒーロー誕生!? 4番手から先発定着を目指すレイダースQBマグロイン”. NFL JAPAN. 2013年12月1日閲覧。
  8. ^ 最悪スタートから逆転、カウボーイズが地区首位キープ”. NFL JAPAN (2013年11月29日). 2013年12月1日閲覧。
  9. ^ Brandon Carr rebounds with late pick”. ESPN (2013年11月28日). 2013年12月28日閲覧。
  10. ^ マニング負傷のブロンコス、QBポンダーと契約”. NFL JAPAN (2015年11月26日). 2015年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]