マット・フレイジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マット・フレイジェ
Matt Freije
アル・リヤディ・ベイルート
ポジション PF/C
身長 208cm  (6 ft 10 in)
体重 109kg (240 lb)
基本情報
本名 Matthew Wayne Freije
愛称 "マット"
ラテン文字 Matt Freije
誕生日 1981年10月2日(33歳)
レバノンの旗 レバノン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースダコタ州ビスマーク
ドラフト 2004年 53位
選手経歴
2004-2005
2005
2005-2006
2006
2006
2006
2007
2007-2008
2008
2008
2008-2009
2009
2009-
ニューオーリンズ・ホーネッツ ニューオーリンズ・ホーネッツ
ナッシュビル・リズム ナッシュビル・リズム
アイダホ・スタンピード アイダホ・スタンピード
オリンピアコスBC オリンピアコス
グアヤマ・ウィザーズ
アトランタ・ホークス アトランタ・ホークス
グアヤマ・ウィザーズ
アートランド・ドラゴンズ アートランド・ドラゴンズ
レオネス・デ・ポンセ
サゲッセ-アル・ヘクメフ・ベイルート ヘクメフ
福建スタージョンズ
クリオロス・デ・カグアス
アル・リヤディ・ベイルート
代表歴
キャップ レバノンの旗 2009年-現在

マット・フリージャMatt Freije)ことマシュー・ウェイン・フレイジェMatthew Wayne Freije)、1981年10月2日 - )は、レバノンのプロバスケットボール選手。レバノン男子プロバスケットボールリーグ1部ディビジョンAアル・リヤディ・ベイルートに所属している。ノースダコタ州ビスマーク出身。ポジションはパワーフォワードセンター。208cm、109kg。

来歴[編集]

ヴァンダービルト大学で2000年から2004年までプレーした後、2004年のNBAドラフト2巡でマイアミ・ヒートから指名されたが、シーズン開幕前に解雇された。04-05シーズンニューオーリンズ・ホーネッツに所属し、先発11試合を含む23試合に出場し、平均4.0得点、2.7リバウンドをあげたがシーズン終盤に解雇された。2004年12月26日のクリーブランド・キャバリアーズ戦で12得点、11リバウンドをあげた。

06-07シーズンアトランタ・ホークスと契約し19試合に出場し、平均2.1得点をあげたが、12月下旬にホークスがスタニスラヴ・メドベデンコを獲得した際、ウェーバーされた[1]

2008年のNBAサマーリーグではミルウォーキー・バックスの一員としてプレーした[2]

2009年のサマーリーグではポートランド・トレイルブレイザーズの一員としてプレーした[3]。その年、プエルトリコリーグでプレーしている[4]

2009年バスケットボール男子アジア選手権が修了した後、レバノンのスポーティング・アル・リヤディ・ベイルートでプレーした。

2012-2013シーズンもレバノンのアムチト・クラブでプレーした。

バスケットボールレバノン代表でもプレー[4]2010年バスケットボール世界選手権では、カナダ戦の残り4分58秒に66-64と逆転3ポイントシュートを成功、チームは81-71で勝利した[5]

脚注[編集]

  1. ^ Slava Medvedenko signed by Hawks”. CBCスポーツ (2006年12月28日). 2015年6月21日閲覧。
  2. ^ Mayo's Big Night Leads Grizzlies”. ESPN (2008年7月13日). 2015年6月16日閲覧。
  3. ^ Portland Trail Blazers 2009 Summer League Roster”. bleacherreport.com (2009年7月2日). 2015年6月21日閲覧。
  4. ^ a b Where Are They Now?”. ヴァンダービルト大学 (2010年). 2015年6月21日閲覧。
  5. ^ Australia turns back upset bid by Lebanon in FIBA World Championship opener”. ロサンゼルス・タイムズ (2010年8月28日). 2015年6月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]