マチート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マチート
Machito and his sister Graciella Grillo.jpg
マチート(1940年代後半に撮影)
基本情報
出生名 Francisco Raúl Gutiérrez Grillo
生誕 1912年2月16日  キューバ
出身地  キューバ ハバナ
死没 (1984-04-15) 1984年4月15日(72歳没) イギリスの旗 イギリス
ジャンル マンボ, アフロ・キューバン・ジャズ/ラテン・ジャズ
職業 コンゲーロ, バンドマスター
担当楽器 コンガ, マラカス
公式サイト RudySarzo.com

マチート(Machito, 本名:Francisco Raúl Gutiérrez Grillo, 1912年2月16日1984年4月15日)はキューバハバナ出身のコンガ奏者(コンゲーロ)で、ラテン・ジャズミュージシャン

アフロ・キューバン・ジャズの源流を作り上げた人物として知られる。マチートとは「小さい子供」の意味で末っ子を示す。実際は妹のグラシェーラがいて、彼女は彼の楽団の歌手を務めていた。

バイオグラフィ[編集]

1941年に、マチートがマンボのバンドを始めた時、義理の兄弟であり、ビ・バップトランペット奏者で編曲家のマリオ・バウサがマンボをジャズに取り入れ、自らのバンドをアフロ・キューバンズと名付けた。これがジャズのインプロヴィゼーションをアフロ・キューバンのリズムに取り入れた最初の試みであった。

1983年にグラミー賞ベスト・ラテン・レコーディングスを"Machito & His Salsa Big Band '82"名で受賞。

1984年にイギリスロンドンのツアー中、ロニー・スコットのクラブにて致命的な卒中により死去。

1987年に彼のドキュメント映画"Machito: A Latin Jazz Legacy"が発表された。