マチカネイワシミズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マチカネイワシミズ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年5月20日
死没 不明(1995年種牡馬登録抹消)
ファバージ
ロッチ
生国 日本北海道静内町
生産 藤原牧場
馬主 細川益男
調教師 伊藤雄二栗東
競走成績
生涯成績 5戦3勝
獲得賞金 3321万5800円
テンプレートを表示

マチカネイワシミズは、日本競走馬種牡馬である。1986年の1年間のみ競走馬として5戦に出走、3勝を挙げ同年引退。引退後は種牡馬として1995年まで供用された後、種牡馬登録を抹消された。目立った産駒は無かったものの、種付け料が無料であることで知られている。全兄には皐月賞馬のハードバージがいる。馬名は冠名「マチカネ」+石清水八幡宮から命名された。

以下馬齢は旧表記(数え年)とする。

戦績[編集]

デビュー戦として予定されていた3歳12月の新馬戦は右肩跛行で発走除外となり、4歳の4月にようやく初戦を迎えた。京都の未勝利戦、露草賞(400万下)と連勝。ソエが発症したためにその後は休養し、復帰戦となった10月の900万下条件戦で勝利、3戦無敗で菊花賞に挑んだ。デビュー以来の主戦だった田原成貴から清水英次に乗り替わったこともあり12番人気という評価だったが、重賞初挑戦でメジロデュレンの7着に食い込んだ。続く阪神大賞典では、1番人気に推されるが、メジロボアールにアタマ差2着と惜敗する。古馬となっての飛躍が期待されたが、骨膜炎を発症。再起を目指したが、結果として、この5戦のみで引退した。

引退後[編集]

引退後は、ハードバージの全弟という血統もあり1989年から種牡馬入りすることになった。初年度の種付け料は20万円に設定される予定であったが、馬産地の反応が芳しくなかったため、馬主の知人であった白井透の提案によって種付け料を無料にし、繁殖牝馬を集めることとなった[1]。この戦略によりマチカネイワシミズは1年目に28頭、2年目に13頭の種付けを行う[1]。初年度の産駒は13頭が出走し、中央競馬での2頭を含め、11頭が勝利を挙げた[1]。しかし、目立った活躍馬を出せず、1995年用途変更となった。

なお、種付け料が無料だったことは、テレビゲームの『ダービースタリオン』にも反映されていた。種牡馬として供用された時期が折りしも『ダービースタリオン』シリーズがダビスタブームに向かう人気上昇期にあった1990年代前半ということもあり、現在における本馬の知名度は、この競馬ゲームによるところが大きい。

血統表[編集]

マチカネイワシミズ血統 (血統表の出典)
父系 プリンスリーギフト系

*ファバージ
Faberge
1961 鹿毛
父の父
Princely Gift
1951 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Blue Gem Blue Peter
Sparkle
父の母
Spring Offensive
1943 鹿毛
Legend of France Dark Legend
Francille
Batika Blenheim
Brise Bise

ロッチ
1969 栗毛
*ダイハード
Die Hard
1957 栃栗毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Mixed Blessing Brumeux
Pot-Pourri
母の母
スターロツチ
1957 鹿毛
*ハロウェー
Harroway
Fairway
Rosy Legend
コロナ 月友
秀節
母系(F-No.) (FN:11-c)
5代内の近親交配 Nasrullah3×4=18.75% Pharos (Fairway) 5.5×4=12.50% Dark Legend4×5=9.38%


参考資料[編集]

  1. ^ a b c 山田康文 『ダービースタリオン96『種牡馬カタログ』』 池端成功、アスペクト、1996年7月26日、初版、177頁。ISBN 4-89366-530-8

外部リンク[編集]