マイユゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Maillezais
Blason Maillezais.svg
Maillezais village.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ヴァンデ県Blason département fr Vendée.svg
(arrondissement) フォントネー=ル=コント郡
小郡 (canton) フォントネー=ル=コント小郡
INSEEコード 85133
郵便番号 85420
市長任期 ジャン・タリノー[Note 1] · [1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) Vendée Sèvre Autise
人口動態
人口 986人
2013年
人口密度 48人/km2
住民の呼称 Mallacéen
地理
座標 北緯46度22分20秒 西経0度44分17秒 / 北緯46.3722222222度 西経0.738055555556度 / 46.3722222222; -0.738055555556座標: 北緯46度22分20秒 西経0度44分17秒 / 北緯46.3722222222度 西経0.738055555556度 / 46.3722222222; -0.738055555556
標高 平均:m
最低:1m
最高:18 m
面積 20.33km2
Maillezaisの位置(フランス内)
Maillezais
Maillezais
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

マイユゼMaillezais)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ヴァンデ県コミューン

地理[編集]

ヴニーズ・ヴェルト(Venise verte、緑のヴェネツィア)と呼ばれる水に恵まれたポワトヴァン湿地(fr:Marais poitevin)の中心にあって、マイユゼはオティス川の運河が縦横にめぐっている。

歴史[編集]

ポワティエ司教区の分割に伴い、1317年にマイユゼは新たな司教区の地に選ばれた。司教はその後修道院を置いた。

ユグノー戦争中の1589年1月1日、マイユゼは新教徒のアグリッパ・ドービニェが攻略し、彼はその後知事となった[2]。8月からフォントネー=ル=コントに投獄されていたブルボン枢機卿の監視を担当していた。

1648年、ラ・ロシェル司教座が新設されたため、マイユゼは司教座を失った。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2013年
899 919 853 868 930 934 970 986

参照元:1962年から1999年まで人口の2倍カウントなし。1999年までEHESS/Cassini[3]、2004年以降INSEE[4][5]

史跡[編集]

  • サン・ピエール旧修道院付属教会 - 11世紀に修道院付属教会として建設され、1317年にマイユゼ司教座が置かれたためカテドラルに昇格。1648年にマイユゼ司教座が廃された後、長く打ち捨てられていた。

脚注[編集]

ノート[編集]

  1. ^ Réélu en 2001 et 2008.