ポール・レノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・レノー

ポール・レノーPaul Reynaud, 1878年10月15日 - 1966年9月21日)は、フランスの政治家、首相(在任:1940年3月21日 - 6月16日)。レイノーとも表記。

生涯[編集]

バルスロネット出身。法律を学び、第一次世界大戦に従軍後、1919年にパリ選出の代議士として国政に参加し、議会では中道右派と手を組んだ。様々な首相のもとで閣僚を務め、世界恐慌後の1930年代には、平価切り下げによる不況克服を提唱し、ド・ゴール大佐の機甲師団創設案を支援する。

第二次世界大戦中の1940年3月、辞職したエドゥアール・ダラディエに代わり首相を務める。同年5月のナチス・ドイツのフランス侵攻に際しては、敗勢が濃くなってからも抗戦継続を唱えたが、休戦派に屈し6月に辞職する。

1943年までヴィシー政権及びドイツにより拘禁され、のちにオーストリアイッター城英語版収容所に移されたが、1945年のイッター城の戦いを経て自由フランス軍に救出された。

第二次世界大戦後の1946年に憲法議会議員に選出され、後に再び代議士となる。1966年に死去した。

関連項目[編集]