ポール・クリューガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・クリューガー
Stephanus Johannes Paulus Kruger
Paul Kruger.jpg
ステファノス・ヨハンネス・ポール・クリューガー
生年月日 1825年10月10日
没年月日 1904年7月14日(満78歳没)
所属政党 無所属

初代大統領 Flag of Transvaal.svg
当選回数 4回
任期 1880年12月30日 - 1892年5月31日
テンプレートを表示

ポール・クリューガーアフリカーンス語: Stephanus Johannes Paulus Kruger1825年10月10日 - 1904年7月14日)は、トランスヴァール共和国(現: 南アフリカ共和国)の政治家

大統領(初代)を務める。クルーガークリューゲルとも表記する。

前半生[編集]

1825年10月10日、英領ケープ植民地(現東ケープ州)のバルフックに生まれる。当時の東ケープは奴隷制の廃止をめぐってボーア人とイギリス政府とが激しく対立しており、1836年には東ケープのボーア人の一部が幌牛車隊を組んで内陸部へと移住を始めた。グレート・トレックである。11歳のクリューガーも父とともにそれに加わり、ヘンドリック・ポトヒーターの隊に参加してトランスヴァールを目指した。1838年にはフォールトレッカーたちはヴァール川を越え、ポチェフストルームに最初の基地をおいた。クリューガーの父はそこから少し離れた現在のラステンバーグ近郊に植民することを決めた。1841年にはクリューガーは独立し、マガリースバーグ山地のふもとに農場を開き、翌年には結婚した。

兵役に入ると、コマンド部隊に入って頭角を現し、フェルトコルネット(行政役人)に任命された。やがて国会議員となり、憲法制定委員会にも参加した。彼は若手のまとめ役となり、トランスヴァール共和国が正式に成立したサンドリバー協定の締結の場にも参加していた[1]。共和国の2大有力者であったマルティヌス・プレトリウスとステファノス・スクーマンとの政治的対立を収めた。1863年にはトランスヴァール共和国軍最高司令官に任命される。1873年には軍を退役し、ボーケンフートフォンテーンの自らの農場に戻った。しかし1874年に彼は内閣のメンバーに選ばれ、まもなく副大統領に就任した。

第1次ボーア戦争[編集]

1877年、内政上の混乱を理由として、イギリスがトランスヴァール共和国を併合すると、クリューガーは共和国併合に反対し、使節として2度渡英したが交渉は決裂。1880年12月13日、プレトリアの南西にあるパールデクラールにおいてボーア人の集会が開かれ、この集会においてトランスヴァールはイギリスへの徹底抗戦を議決。副大統領であったクリューガー、軍の最高司令官であるピート・ジュベール、共和国初代大統領であったヨハネス・マルティヌス・プレトリウスの3人による三頭政治体制をとることを決め、16日にイギリスに最後通牒を突きつけた[2]第1次ボーア戦争ではトランスヴァールは体制の整わないイギリス軍に対して有利に戦いを進め、1881年2月27日のマジュバの戦いにおいてジュベール将軍がイギリス軍を決定的に撃破し、1881年8月にはプレトリア講和条約が結ばれ、共和国は独立を回復した。

トランスヴァール大統領[編集]

1892年のクリューガー

1883年の大統領選挙にはクリューガーとジュベールが立候補し、クリューガー3431票、ジュベール1171票でクリューガーが選挙に勝利[3]。クリューガーはトランスヴァール大統領に就任し、以後4期連続当選を果たし、1900年までトランスヴァールの大統領を務めた。政治家としては保守的であり、あまり洗練されてはいないが飾らない態度と、トランスヴァールの独立を力強く訴える政治姿勢が地方の保守的ボーア人から強く支持された。

1886年、国土中央にあるヨハネスブルクにおいて金鉱が発見されたことで、トランスヴァールは転機を迎えた。財政は急速に好転し、第1次ボーア戦争の原因ともなった財政逼迫は改善されたが、ゴールドラッシュとともに大量に流入したイギリス系の移民(外国人=アイットランダース)の増大によってボーア人は白人の中でも少数者に転落する危惧を抱いた。クリューガーはアイットランダースの勢力を削ぐため、選挙権をトランスヴァールに14年以上居住した白人のみに与えるように選挙法を改正したが、これがイギリス系の不満を招き、ケープ植民地首相セシル・ローズらによって政府転覆とトランスヴァール併合の計画が再び練られるようになる。

また、ローズはベチュアナランドローデシアを英国領に編入し、トランスヴァールに圧力をかけた。それに対抗するため、クリューガーはデラゴア湾鉄道の建設を行い、ヨハネスブルクからポルトガルモザンビークの港町ロレンソ・マルケス(現マプト)へのルートを自国の手に握った。さらに1895年にはスワジランドを併合し東に勢力を伸ばした[4]。また、ドイツと接近しイギリスと対抗した。

1895年、ジェームソン襲撃事件が起き、クリューガーはイギリスを激しく非難。さらに事件の翌日、ドイツ皇帝ウィルヘルム2世より事件解決の祝電が送られる。クリューガー電報事件である。この両事件によりローズは失脚したものの、イギリスとトランスヴァールとの対立は決定的となった。この際、ケープ植民地からヤン・スマッツがプレトリアに移住し、彼の才能を高く買ったクリューガーはスマッツを司法長官に任命した。

第2次ボーア戦争[編集]

1899年オレンジ自由国の仲介によって和平会談が行われたものの、会議は決裂。クリューガーはイギリスに宣戦布告し、第2次ボーア戦争の火蓋が切られた。地力に勝るイギリス軍にトランスヴァールは敗北し、1900年6月5日に首都プレトリアが陥落。クリューガーと政府は東部へと逃れたが、10月にクリューガーはモザンビークへと追い込まれ、国外逃亡を余儀なくされた[5]。その後ボーア人の窮状を訴えるためにヨーロッパに向かい、各国を訪れたものの救援を得ることはできず、1902年には敗戦しスイスに亡命することとなった。1904年、亡命先のスイスのヴォー州クラレンスにおいて死亡した。

人物[編集]

1899年の英国諷刺画のクリューガー

クリューガーは背が高くがっしりとした体格をしており、ダークブラウンの髪と茶色の眼をしていたが、髪は年とともに白くなった。若い頃には口ひげを生やしていたが、後年には口ひげをそって頬髯を生やし[6]、見事なヒゲと黒いフロックコートシルクハット、そしてヘビースモーカーである彼のパイプが彼のトレードマークとなり、諷刺画などにもこの姿でよく登場した。敬虔なオランダ改革派教会の信徒であり、聖書を愛読した。

その他[編集]

プレトリアの彼の家は、現在ではクリューガー・ハウスとして博物館となっている。また、旧トランスヴァール東端にあるクルーガー国立公園Kruger National Park)は彼を記念して命名された。クルーガーランド金貨は、表にクリューガーの肖像がデザインされている。第二次世界大戦中にはナチス・ドイツによって、彼の抵抗を描いた反英プロパガンダ映画『世界に告ぐドイツ語版(Ohm Krüger)』が製作されている。

脚注[編集]

  1. ^ Martin Meredith, Diamonds Gold and War, (New York: Public Affairs, 2007):75
  2. ^ 岡倉 登志、2003、『ボーア戦争』、山川出版社 ISBN 4634647001、p41-42
  3. ^ 岡倉 登志、2003、『ボーア戦争』、山川出版社 ISBN 4634647001、p50
  4. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』、明石書店 ISBN 4750306991、p.251
  5. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』、明石書店 ISBN 4750306991、p.258
  6. ^ Louis Changuion, Fotobiografie: Paul Kruger 1825 -1904, Perskor Uitgewery, 1973, p.9-15

外部リンク[編集]