ポップ・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザ・ポップ・グループThe Pop Group1978年結成-1981年解散)は、イギリスブリストル出身のポストパンク・バンドである。その妥協を知らない不協和な音は、パンク・ロックフリー・ジャズダブの間を橋渡しするものである。彼らの歌詞は(そうではない方が多いが)政治的な性格を有している。

メンバー[ソースを編集]

概要[ソースを編集]

ポップ・グループは、1978年に結成され、翌年、デビュー・シングル『She is Beyond Good and Evil』をレイダー(Radar)・レーベルからリリースしている。

彼らのデビュー・アルバム『Y』は、生じつつあったポスト・パンク・サウンドの初期の試金石である。レゲエのベテラン・ミュージシャンであるデニス・ボーヴェルのプロデュースによるこのアルバムは、今日でもこの時期のベストの一枚とされている。しかしながら、暫くの間、海外では廃盤となっており、高価な日本からの輸入盤を買うしかなかった。

このアルバムはチャートに入ることはなかったが、バンドはラフ・トレード・レコードと契約した。この時期に、ベースがサイモン・アンダーウッドからダン・カトシスに代わっている。

ラフ・トレードに移るとすぐ、彼らはおそらく一番よく知られているシングル『We Are All Prostitutes』を出した。このシングルにはフリー・インプロバイザーのトリスタン・ホンジンガー(Tristan Honsinger)がチェロでゲスト参加している。

そして、1980年にはセカンド・アルバム『For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?』がリリースされた。このアルバムにはアメリカのラッパーの元祖であるラスト・ポエッツ(The Last Poets)が参加している。ジャケット写真はアンドレ・ケルテスの手によるもの。

そのすぐ後に、ポップ・グループは、ドラマーとマネージャー(クリスティン・ロバートソン(Christine Robertson)とディック・オデル(Dick O'Dell))が同じスリッツと片面ずつのシングル『Where There's a Will...』をリリースし、ダブやファンクといったジャンルの探求に関心を深めていった。

グループは、法廷での争いや内輪もめの後、1981年に分裂した。メンバーは、ピッグバッグ(Pigbag)、マキシマム・ジョイ(Maximum Joy)、ヘッド(Head)、リップ・リグ・アンド・パニック(Rip Rig & Panic)といったグループを結成した。このうちリップ・リグ・アンド・パニックにはネナ・チェリーが参加している。

一方、ボーカルのマーク・スチュワートは、On-Uサウンドと協力して、最初はマーク・スチュワート・アンド・マフィアとして、そして後にはソロ・アーティストとして、作品を発表した。

ポップ・グループや関連するバンドは、後にトリップ・ホップを生むブリストルのシーンを作り出した。

2010年に再結成を果たし、2011年summer sonicにて初来日をはたした。

ディスコグラフィー[ソースを編集]

アルバム[ソースを編集]

  1. Y (邦題『最後の警告』)(1979年 レイダー)
  2. For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder? (1980年 ラフ・トレード) - ラスト・ポエッツとの共作を含む
  3. We Are Time (邦題『狂気の時』) (1980年 ラフ・トレード)- ライブ、デモ、アウト・テイクを編集したもの
  4. We Are All Prostitutes (1998年 ラフ・トレード) - 編集盤
  5. Cabinet of Curiosities (2014年 Freaks R Us) - 初期未発表音源集
  6. Citizen Zombie (2015年 Freaks R Us)
  7. Honeymoon on Mars (2016年 Freaks R Us)

シングル[ソースを編集]

  1. She Is Beyond Good and Evil (1979年 レイダー)
  2. We Are All Prostitutes (1980年 ラフ・トレード)
  3. Where There's A Will... (1980年 ラフ・トレード) - スリッツの"In the Beginning There Was Rhythm"と片面ずつのリリース

日本公演[ソースを編集]

  • 2011年8月 :summer sonic 11
  • 2015年3月1日:東京LIQIDROOM
  • 2015年12月7日:東京 渋谷duo MUSIC EXCHANGE 12月8日:東京 渋谷duo MUSIC EXCHANGE 12月9日:大阪 梅田CLUB QUATTRO

外部リンク[ソースを編集]