ボール盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボール盤作業の様子

ボール盤(ボールばん、英語:drill press、drilling machine)は、各種素材、特に金属に正確にをあけるための工作機械である。台状のテーブルに加工する素材を置き、主軸に取り付けたドリルまたはリーマなどの切削工具を回転させ、主軸を下げることで穴あけ加工を行う。

名称[編集]

この機械を「ボール盤」と呼ぶことの語源は、オランダ語の「boor-bank(「ドリル台」の意)」と言われている。従って「盤」と綴るのは当て字である。

英語の“boring(machine)”が語源である、と記述されることがあるが、機械加工においての“ボーリング(boring)”とは日本語では「中ぐり」と訳され、素材に単純に穴をあける事とは別の工程を指し、英語において“boring machine”と言った場合、通常は地中に円筒状の穴を掘削する装置のことを指す。

加工内容[編集]

加工の種類としては、穴あけ加工、穴広げ加工、リーマ加工、タップ立て加工、座ぐり加工、中ぐり加工等がある[1][2]

穴あけに関して、ラフな穴あけならば目標とする径のドリルをいきなり使うこともありえるが、多くの場合は、まずは目標より細いドリルで穴あけ加工を行う。つぎに、穴を広げる目的で目標のサイズのドリルで穴を目的の径に広げ、さらに目的によっては仕上げ加工やタップたて加工も行われる。穴をひとつ開けるだけでも、多くの場合は2,3本の道具が必要となる[3]

種類[編集]

卓上ボール盤[編集]

小型のボール盤であり、作業台上に据付けて使われる。主に穴径13mmまでの加工が可能。

直立ボール盤[編集]

床に直接据え付けられるボール盤で、ボール盤の中でも一般的なもの[4]。上下方向に主軸頭を手動または機械式で動かし、主軸頭の真下に置かれた被工作物に穴あけ加工などを行う[5]。穴径13~50mm程度まで。

ラジアルボール盤[編集]

ラジアルボール盤

コラム(主柱)を中心に主軸頭の旋回などできる構造のもので、工作物が大きい場合に使われる。つまり、被切削物のほうを動かさなくとも主軸の乗ったアームを動かすことで、大きな被工作物を動かさないままで何箇所もの穴あけができる[5]。ただし、開けられる穴の向きは上方向に限られ、横方向に穴を開けたければ、被工作物を横転させなければならない[6]

多軸ボール盤[編集]

多数の主軸のあるボール盤で、同時に何箇所もの穴あけ加工が可能。多量生産などに適した専用のもの[5]

多頭ボール盤[編集]

テーブルは1つだが主軸頭が多数備えられているボール盤。1台で穴あけ、座ぐり、ねじ立てなどの複数工程の加工が順次行えるようにしたもの。

深穴ボール盤[編集]

深い穴をあける専用のボール盤。

ガーダボール盤[編集]

大型の工作物の加工に適したボール盤。

タレットボール盤[編集]

主軸に複数種類の種の工具を取り付けてある旋回台が装着されているボール盤。工具を順次変更することにより複数の作業工程が行える。

数値制御 (NC) ボール盤[編集]

“NC”とは「数値制御(Numerical Control)」の略。コンピュータ数値制御により自動で精度の高い加工を行うことのできるボール盤。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 田中 2008, p. 163.
  2. ^ 佐久間ら 1984, p. 60.
  3. ^ 田中 2008, p. 165.
  4. ^ 佐久間ら 1984, p. 66.
  5. ^ a b c 佐久間ら 1984, p. 67.
  6. ^ 田中 2008, p. 164.

参考文献[編集]

  • 田中和明 『よくわかる最新金属加工の基本と仕組み : 金属素材、塑性加工、機械加工の基礎知識 : 基礎と実務』 秀和システム〈図解入門〉、2008年、第1版。ISBN 978-4-7980-2086-0
  • 佐久間敬三、斉藤勝政、松尾哲夫 『機械工作法』 朝倉書店、1984年、初版。ISBN 4-254-23040-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]